2011年2月 5日 (土)

北朝鮮・中国の解放政策受け入れ中国の属国化へ〈2月〉

112115
北朝鮮が韓国・延坪島を砲撃した直後、オバマ大統領は「(中国は)北朝鮮に対して、従うべき国際ルールがあることをはっきりと示さなければならない」と言いました。
火遊びが過ぎる「将軍様」を兄貴分の中国がしつけよという警告です。
しかし中国幹部にとっては、今までは「迷惑ばかりかける弟分」だった北朝鮮がほぼ完全な属国に変わる可能性を持つ存在になりそうなのです。
昨年1月金正日は中朝国境を流れる鴨緑江の2つの島を中国に祖借し、自由貿易地区にする計画を伝えました。
租借期間は最長100年で金正日は外国人もビザ無しで行き来できる「北朝鮮の香港」を目指していると香港の週刊誌「亜洲週刊」は伝えています。
金正日は今まで経済解放に懐疑的でした。
83年に経済解放が始まった直後の中国を訪問し「中国は修正主義に陥った」と語り鄧小平を怒らせました。
最高指導者になった後も計6回も中国各地を訪問しながら、中国式の経済解放は、国土の小さい北朝鮮の実情に合わず、大制維持にも障害があると考え、基本的に経済解放路線を取り入れませんでした。

中国人民解放軍が支援

ところが今年5月の訪中に先立ち、外資導入の受け皿となる投資グループや開発銀行を相次いで設立し、会談後に温家宝首相が「中国の改軍解放の経験を北朝鮮に伝えたい」と発言するのを容認しました。
変心の背景にはGDPが韓国のわずか3%というボロボロの経済を立て直して、三男の正恩に引き継がせたいという金正日の「親心」があります。
「立て続けに訪中した金正日は今年に入って諦めたように見える。
中国の下で生きていく決意を固めたようだ」と中国人政治学者の趙宏偉は言います。
一方中国にも北朝鮮をただの厄介な同盟国とみていない勢力もあります。
人民解放軍です。「昨年の5月から6月にかけ、中国政府内で北朝鮮の議論があり、北朝鮮で自国の権益を守り、関係を改善したい軍が外務省を押し切り、国連制裁を無視し、核関連設備に使用可能な商品の北朝鮮への流入を黙認している」と元米国務省当局者は語っています。
これと平仄を合わせるかのように胡錦濤の後継者と目される習近平は10月、朝鮮戦争60周年式典で「朝鮮戦争は侵略を防ぐための正義の戦争だった」と朝鮮を侵略者呼ばわりし、「(韓国の)李明博政権は朝鮮半島の平和の妨害者である」とも述べたと伝えられています。
北朝鮮は「中国のプードル」になるかもしれませんが、世界にとっては今までより厄介な「狂犬」になるかもしれません。

2月 5, 2011 3.スクラップ |

2011年1月 5日 (水)

ヨーロッパの恥 ナポリのゴミ戦争〈1月〉

111114
腐りかけて強烈な臭いを放つ25万トンのゴミ。
「重たい汚れた毛布に毎晩くるまっているようなものだ」
ゴミ埋め立て地カバ・サリ処分場の向い側に住む住民は言います。
シルビオ・ベルスコーニ首相が08年4月の総選挙でナポリのゴミ危機を解決すると約束して政権に帰り咲いてから2年半。
しかしイタリア政府に地元のゴミ処理産業を牛耳るマフィアと対決する積もりはさらさらありません。
ゴミ収集が麻痺して、路上にゴミが散乱するナポリの映像は世界中に流れましたが、ゴミ問題の本質はゴミ処分場を事実上運営管理するマフィアが州外や国外から違法に産業廃棄物や有害廃棄物を持ち込むことが原因なのです。
ゴミ廃棄産業はマフィアの莫大な資金源になっています。
ナポリがあるイタリア南部カンパニア州もゴミ問題を本気で解決しようという動きはありません。
そのため処分場周辺の住民は高過ぎる代償を払っています。
白血病や咽喉癌、呼吸疾患の発生率の上昇は、水と大気が酷く汚染されていることの証拠です。
窓を開けることもできません。
吐き気を催す臭いが充満しているため子供は野外で遊べません。
絵のように美しい景色にも観光客も寄り付きませんし、地元の農産物を買う人もいません。

ゴミ処理場はマフィアの資金源

「病気の清掃工場で暮らしているようなものだ。マフィアの儲けと政府の利便のためにどうしてわれわれと子供たちの健康を犠牲にしなければならないのか。ゴミも嘘ももうたくさんだ。」と付近の人々は言います。
10月中旬に新しいゴミ処分場の建設を計画通り進めると当局が発表すると、住民の憤りが爆発しました。
新しい処分場は、埋め立て容量300万トンでヨーロッパ最大規模になりゴミ問題は解決する筈ですが、住民に言わせれば管理のやり方を変えない限りここもまた、マフィアが国外から違法に持ち込むゴミで埋められてしまうというのです。
憤慨した住民の一部は暴徒と化し、ゴミ収集車に火を放ち、機動隊と衝突。
更に住民が処分場へのゴミ搬入を阻止したため、ナポリ市内のゴミ収集は止まり、路上はゴミで埋まりました。
しかし、ナポリの生ゴミの量はイタリアの都市で最も多いのも事実です。
紙やプラスチックと生物分解が可能な有機ゴミの分別収集を実践しているのは100万人のナポリ市民のうち5%にすぎません。
でも、市もローマやミラノ、フィレンツェなど資源ゴミの再利用のうまくいっている都市と異なり、分別収集を強制する積もりがありません。
ゴミはマフィアにとって儲かるからです。

1月 5, 2011 3.スクラップ |

2010年12月 6日 (月)

イギリス・「鉄の男」キャメロンの超改革路線〈12月〉

10121103
 2015年までにGDP比12.1%の財政赤字を1.2%と事実上解消するという目標を掲げた、保守党のデービット・キャメロン英首相は、就任後半年もたたないのに矢継ぎ早に財政赤字の削減策を打ち出しています。
医療と対外援助を除く各省庁のすべての予算は今後4年間で最低25パーセント削減されることとなります。
これが実行されると、国の労働人口の20パーセント以上にまで膨れ上がった公務員は60万人削減されます。
現場の警官も4万人削減されます。
閣僚の公用車と専属運転手は既に廃止されました。
公務員の賃上げは3年間凍結されました。
社会の至る所に増殖した福祉制度も見直さざるを得ません。
60才以上の市民の大半は無料でバスに乗ることができ、最大600ドル(5万円超)の冬季燃料手当をもらっています。
富裕層の親でも子供1人につき月135ドル(11,500円)の子供手当が出ます。
このような社会福祉制度の支出だけで財政支出の30パーセントを食い潰しています。
市民はカネを使いすぎ、国は世話を焼きすぎているのです。
就学前児童へのミルクの無償配布の廃止案は撤回されましたが、すでに子供手当の3年間停止は決定しています。

 収入の方は、現在17.5%の付加価値税は11年から2.5%上がり20%になります。
新しく銀行税も定められました。
企業活動を活発にするため現在28%の法人税(日本は30%)を11年から毎年1%ずつ引き下げ、14年には24%にします。

大きな政府から大きな社会へ

「鉄の女」サッチャーが本格的に国の改革に取り組み始めたのは政権2期目に入ってからで、国営企業を民営化し、労働組合をたたき潰しました。
しかしキャメロンは就任1年目から改革に取り組んでいます。
キャメロンは国家の存在が大きすぎるために、個人の責任感がむしばまれてきたと考えています。
個人が自分の人生に責任を持ち、周囲も手助けするような社会…国家の役割を社会に肩代わりさせる「大きな社会」の構築に取り掛かっているのです。
「人は責任を取る自由を与えられたら、自分で物事をやり遂げるようになって、新しい活力を得るだろう」とキャメロンは言います。

今のところ世論調査では有権者の53パーセントが政府の経済運営はうまくいくといっていると答えており、この政策を支持しています。
日本の微温的な政権とは大差を感じています。

12月 6, 2010 3.スクラップ |

2010年11月 5日 (金)

ウナギは陸で創る〈11月〉

2010112
 土用の丑の日に、栄養価の高いウナギを食べ、暑い夏を乗り切ろうというアイデアは約200年前の発明家、平賀源内が発案したという説が有力ですが、ウナギの流通量が世界的に急減しています。
日本で食べられるウナギは99%が養殖もので、そのうち3分の2は中国からの輸入で国内産は3分の1にしか過ぎません。

 養殖ウナギは天然ウナギの稚魚であるシラスウナギを捕獲して育てます。
このシラスウナギの捕獲量が年々減少しており、特に今年は悪く、前年比7割減と壊滅状態になっており、欧州ではシラスウナギの捕獲に制限をかける動きがあります。
このため世界のウナギ消費量の7割を占める日本では、卵から孵化させて育てる「完全養殖」の実現が望まれていました。
研究は1960年代に始まりましたが、ウナギの生態に不明なことが多く実現されませんでした。
成長したウナギは、川の中流から下流、あるいは河口や湖から生息しますが、産卵には海へ帰ります。
広い太平洋のどこで卵を産み、何を食べて育ち、どうやって日本に戻ってくるのかは長きにわたって謎でした。

ウナギの産卵場はマリアナ諸島近海

 そんな中、今年4月に独立行政法人、水産研究総合センターが「ウナギの完全養殖」に成功しました。
これは、それに先立つ2つの研究の成果を生かしたことにより達成できました。
1つは東大海洋研究所が2005年の調査で日本から2500kmも離れたマリアナ諸島南西海域で孵化したばかりのウナギの仔魚を大量に発見したことです。
水産総合研究所センターはその海域のデータを総合的に活用し、仔魚育成のための餌や最適水質、水温などを探究しました。

もう1つは卵の採取です。
ウナギの産卵は、海で産卵場所に向う際にホルモンが分泌されて産卵するので、産卵誘発が不可欠でしたが、サケの脳下垂体抽出液をウナギの雌に注射して成熟を促し、さらに別のホルモンを注射して排卵を促進して産卵させる技術を北海道大学などが確立していたことです。
現在は孵化後100日の生存率は20%近くまで上がり、水産総合研究センターで誕生したウナギが成魚となって産んだ卵が今年4月に孵化しました。
一応完全養殖のサイクルが完成したところです。
しかし、養殖場所はまだ小さな水槽で、適用化には何十万匹規模での養殖が必要です。
今のところ大きな水槽での実験は苦戦しています。
まだ実用化までには少々時間が必要なようです。

11月 5, 2010 3.スクラップ |

2010年10月 5日 (火)

現代日本の若者の人生観―リーダーになりたくない〈10月〉

11010096
 青少年問題の研究と解決を目的に1976年から活動を続ける財団法人「日本青少年研究所」は数多くの若者の意識調査を実施してきました。
その1つに日本・米国・中国・韓国の高校生の意識調査があります。

その調査で浮びあがったのが日本の若者の特色に「偉くなりたくない」人生観があります。「偉くなると責任ばかり多くなり損をする」「リーダーになりたくない」何の責任もなく楽しくやれれば一番よいという考え方です。
2007年の「高校生の意欲に関する調査」で「将来の職業」をたずねたところ次の通りでした。  
日本…営業、販売、サービス職  
米国…医者   
中国…企業の経営者、管理職
「暮らしていける収入があればのんびりと暮らしていきたい」という考え方を「とてもいいと思う」と答えた割合は次の通りです。
米国…13.8% 中国…17.8% 韓国…21.6%  日本…42.9%

のんびりと暮らしたい

 高度経済成長を遂げた日本は、もはや食べるものに困らなくなり、着るものも他人とは一味違う差異化の時代に入りました。
そこでは昔のような勇気や冒険はもう必要ない、新たな目標は「のんびり」です。
 豊かさと共に失われるのが「競争」です。
大学が増えすぎて入学試験が楽になった。
もう頑張らなくても大学生になれる。
若者たちは不勉強になりました。
企業間の格差もなくなりました。
かつては良い大学から一流企業に入れば、終身雇用が保証されました。
しかし時代は変わり、一流企業に入っても将来は安泰とは限りません。
良い大学や一流企業はもはや高校生の憧れではなくなりました。
「国内の一流大学に進学したい」と思う高校生の割合は、4ヶ国の中で日本が最低です。「高い社会的地位につく」「お金持ちになる」「自分独自の特徴を持つ」でも日本は最低です。
 日本は1980年代に消費社会に突入しました。
そこでは他人とは違う「わたし」の差異化が花開きました。
自分のアイデンティティーも他人との差異に求めるようになりました。
それまでのリーダー像に代表される偉い人ではなく、違いを示す人間、違いのわかる人間が目標にとってかわりました。
自分の中にアイデンティティーを誇示しなくても、普通でいて、生きていくこと自体に何の支障もなくなりました。
頑張らなくてもいい、目立たなくてもいい社会になったのです。

10月 5, 2010 3.スクラップ |

2010年9月 7日 (火)

見えない汚染が生む「死の連鎖」〈9月〉

109094
 米国のルイジアナ州沖のメキシコ湾で石油掘削基地「ディープ・ウォーター・ホライズン」が爆発事故のために水没したのは2010年4月22日。
5月の中旬、付近を調査していた科学者のチームが海底油田からのプルーム(流出物)が海中に広がっているのを発見しました。
プルームは原油とメタンの混合体で、長さ24㎞、幅8㎞、厚さ90mでした。
海中の原油プルームの存在は油は水に浮くという常識とは矛盾しています。
実際浅い場所にある油井やタンカーから原油が流出した場合は海面に浮びます。
しかし今回のように水深約1500mにある油井から原油とメタンが激しい水圧と低温の下で噴出すれば、常識では考えられない事態を引き起こします。
原油は無数の細かい油の粒子になって分散し、海中に浮遊したまま海面に上がってきません。
化学処理剤は油膜を微細な油滴にして分散するので、原油流出時に化学処理剤を使用すると、微小な混合物が海中深く沈んでいく可能性があります。
BPは制御不能になった油井に70万ℓの化学処理剤を注入したため流出原油が海面に浮上しにくい形に分解されてしまったようです。
 プルームは見た目が黒くないので肉眼では捉えることはできませんが、フィルターにかけると黒い粒子が混じっていることがわかります。

酸素濃度の低下と窒息死

 プルームの被害は2つあります。
 1つは酸欠地域を生み出すことです。

プルーム内部では酸素濃度が30%低下します。
酸欠になれば魚や貝が死滅します。
 2つ目は原油とメタンが生物に直接及ぼすダメージです。
プルームに含まれる油の小さな粒子でもエラにつけば魚は窒息死します。
最も大きな痛手を受ける魚の一つはタイセイヨウクロマグロです。
大西洋に分布するクロマグロの産卵地域は地中海とメキシコ湾だけですので、タイセイヨウクロマグロは絶滅しかねない状況です。
オサガメやマツコウクジラはプルームの存在が確認されている水深1000m近い水域まで潜ります。
深海に生息するサメやエビ、イカは海面での原油流出事故では被害を受けませんが、プルームが及ぼす影響にはもろにさらされます。
 海面に浮ぶ油は最終的には気化するか、太陽光線によって変質するか微生物に分解されるか、岸辺に流れ着いて回収されます。
しかし水中に漂う油がどうなるかはほとんどわかっていません。
今回の事故が図らずも壮大な実験になるのです。

9月 7, 2010 3.スクラップ |

2010年8月 6日 (金)

再生なるか大学経営〈8月〉

108093
 募集停止、大学閉鎖―これは今や珍しいことではありません。
昨年初から募集停止を発表したのは5大学で2009年度に赤字だった私立大学は全体の4割に当たる229校でした。
今後さらに閉鎖を発表する大学が増えるのではないかと関係者はいいます。
 背景には急速に進む少子化と大学の増加があります。
この20年で大学志願者数は、延べ400万人から300万人へと100万人も減少しました。
ところがその一方でこの20年間で200近い大学が誕生し、需給のバランスは完全に崩れてしまいました。
それに追い討ちをかけたのが2008年の金融危機です。
駒澤大学154億円、慶応大学169億円、上智大学80億円と有名私立大学の多くは資産運用で巨額の損失を出してしまいました。
私立大学は保有する資金を運用することで利益を稼ぎ、それを事業に回してきました。
しかし、損失を被ったことで、予定していた事業を先送りせざるを得なくなるなど経営計画の変更を迫られています。

難易度で東大を越える大学

 そんな中で厳しい環境を乗り切るために奮闘する大学もあります。
公立国際教養大学。大手予備校の大学合格難易度ランキングで東京大学を超える大学が秋田県の郊外にあります。
ここは秋田県によってわずか6年前に設立された、国際教養大学です。
「入学よりも卒業が難しい」といわれる欧米の大学のように、学生を徹底的に勉強させます。
原則的に授業は全て英語。
入学した学生は、最初は英語のレッスンだけを受け、一定のレベルに達しないと通常の授業は受けられません。
クラスは15人の少人数制で1年の留学も義務づけ、海外の大学でも経験を積ませます。
学生はキャンパス内の学生寮に住み、図書館は24時間利用できます。
教員の給与は年俸制で学生、同僚、上司、学長の評価が反映され、任期は最長9年です。
「国際舞台で活躍したい」という志願者が集まり2009年は定員の95人に対して1000人を超える志願者が集まりました。

金沢工業大学。就職率の高さを売りに支持を集めているのが石川県の金沢工業大学です。
「授業料を払う親にとって、子供の就職が最大の関心事、できるだけ手助けをする」というのが基本方針です。
学生が入学したその日から就職支援が始まります。
学生がます記入するのが「キャリアデザインシート」。
自分自身の過去を分析し、大学生活をどう過ごすか、将来の目標は何かということを記入します。
学校生活では、一週間の行動履歴をオンラインのシート上に記入し、受けた授業、課外活動、休日の過ごし方、気付いたことなどを記入します。
この行動履歴を基に担任教授がアドバイスをします。
企業出身のアドバイザーは生徒の就職相談にのるだけでなく、1年間に2000近くの企業を訪問し、学校をPRします。
毎年9割近くの就職率を誇ります。

8月 6, 2010 3.スクラップ |

2010年7月 7日 (水)

日本政府の破綻の元凶は郵貯と円高〈7月〉

107092
 民主党が「全国一律サービス」を旗印に、日本郵政への政府出資を3分の1超とし、郵便貯金の預入限度額を1000万から2000万に引き上げる郵便法案を提出しました。
この意図は何なのでしょうか。
 日本の国の借金総額は来年3月末には973兆円になるといわれています。
10兆円ずつ返しても100年弱かかります。
ところが2010年の税収は37兆円しかないのに、92兆円も歳出として使おうというのです。
 税収との差は国債を発行すればいいと考えています。
市場原理(市場の自動調節機能)が働いている国で上記のような過剰な「バラマキ」を行えば国債の発行金利は上昇します。
長期金利の上昇は景気悪化を招くため、景気悪化を恐れる政治家は過剰なバラマキを躊躇します。
国債マーケットが「長期金利の上昇」という警戒警報を発することにより「バラマキ」や「身の丈以上の高福祉」が防止されるのです。
しかし日本には郵便貯金があるため、この市場原理が働かないのです。

郵貯の8割は国債投資

 郵貯銀行は集めた資金のうち8割を超低金利の日本の国債に投資しています。
郵貯や簡保が収益性の高い海外投資に目を向けないため、ドル需要が起こらず、円高の状態が続いています。
バブル末期、日経平均が最高値をつけた89年末の円相場は1ドル143円40銭。
その頃よりも今は、はるかに日本経済は弱くなっているのに、円は90円台と逆に60%も高くなっているのです。
その結果、輸出が振るわず日本の景気は低迷したままです。
日本は景気が悪かったのだから「円安」という値下げをしなければならないのに、「円高」という値上げをしたため景気が回復しないのは当たり前なのです。
1400兆の個人金融資産が海外に向えば、経済実態に合った「円安」が進行し、景気は良くなっていた筈です。
 小泉郵政改革は「郵貯で集めたカネが国債購入で最も非効率に使われていること」を是正するためだったのに、民主党政権はこれを元に戻そうとしています。
郵貯の限度額を引き上げて、国債購入のための資金を確保しようと意図していると考えられます。
 10年国債の発行は毎月、月初めに行われていますが、入札で国債完売ができないとなると、債券価格は大暴落(長期金利は急騰)します。
債券先物市場は連日ストップ安で、数日間、市場は閉鎖状態になります。
国債の保有者は何とか損を最小限に抑えようと現物債市場での売りに走ります。
財政破綻に陥った国の資産など持っていられないということで、株や円も急落します。
国債を大量に持っている郵貯銀行を筆頭に棄損する国債を大量に保有する金融機関には預金引出しの行列ができます。
取り付け騒ぎになれば、日銀は銀行保有の国債を買取り、無尽蔵の資金供給し、貨幣が街に満ち溢れ、貨幣の価値が急落し、ハイパーインフレが起こります。
こうしたことが起こらないように国債購入資金を大量に保有しようというのが、今回の限度額引き上げの意図だと考えられます。

7月 7, 2010 3.スクラップ |

2010年6月 6日 (日)

「無人機」の拡散が生む脅威〈6月〉

106_076
 レバノンのイスラム教シーア派民兵組織のヒズボラが2005年無人偵察機をイスラエルの町の上空スレスレに飛ばしました。
この偵察機は騒音がひどく原始的なカメラ以外に武器は積んでいませんでしたが、これをアメリカのアナリストは無人機が好ましくない勢力に渡る兆候とみていました。
 この懸念の通り、今ではロシアやインド、パキスタンなど少なくとも40数カ国が無人機の製造や購入、配備をしており、世界中の兵器見本市では多数の国が自国の試作機や新型機を紹介しています。
 過去半年間で見てもイランは武器を搭載できる無人機偵察機の生産を始め、中国はアメリカのプレデターとグローバルホークのライバルとなる無人機を発表しています。
2010年の無人機に対する全世界の投資の3分の2はアメリカ以外の国の資金で占められる見込みです。
 外国がロボット工学の分野で自国の脅威となり、テロ組織が自爆テロ志願者の代わりに無人の機械を使って、殺傷能力の高い爆発物を運搬する―そんな状態に備えなければならない時代がやってきそうです。

500万円もあれば簡単に入手可

 この種の技術は手頃な値段で簡単に入手できます。
民間市場で買える技術も相当にあります。
現にハイテク雑誌ワイアードの編集長は1,000ドルで手投げ式の無人偵察機を作っていますし、アリゾナ州の反移民グループは25,000ドルで無人機による移民監視システムをメキシコ国境に設置しましたし、77歳のカナダ人男性が製作した無人機はニューファンドランド島から大西洋を飛び越えてアイルランドに到着しています。
世界中の大規模農家は既に無人機を農薬散布に利用しています。
 最近の米軍の研究によれば、この種の無人機システムはテロ組織が最も入手しやすそうな大量破壊兵器―つまり放射性物質や生物・化学兵器を搭載した「理想的な運搬手段」になり得るということです。
 更にこうした技術はアルカイダのような国際テロ組織だけでなく、国内の過激派集団やオクラホマシティー連邦政府ビル爆破事件を起こしたティモシー・マクベイのような一匹狼にも危険な力を与えます。
ロボット工学の専門家は5万ドルもあれば「マンハッタンの機能を麻痺させることが出来る」と言います。
また新手のテロの時代が始まりそうです。

6月 6, 2010 3.スクラップ |

2010年5月 6日 (木)

能力不足のダメ教師は今すぐクビにしろ〈5月〉

105_075
 アメリカの初等・中等教育のレベルの低下が「国家的な恥」とか「国の将来への脅威」といわれるようになって久しい。
かつてアメリカの学力は世界で一番でした。
しかし今はヨーロッパ諸国と競わせればベスト10にも入れないあり様です。
 この50年ほど現場の教師たちは、正しい教え方さえ分かればうまくいくと考えてきました。
そして「新しい数学」や「オープン教室」読書を重視する「ホール・ランゲージ」といった、新しい方法を次々と試してきましたが、どれ1つとして、大幅かつ長期的な学力改善にはつながりませんでした。

肝心なのは教師の質

 だが最近研究者たちは、これまで明白であったが多くの理由から否定されてきた事実をようやく認めはじめました。
肝心なのは1クラスの生徒数でも、教科書でもなく、教え方やテクノロジー、カリュキュラムでもない、……教師の質だという事実です。
 何年も続けて優秀な担任教師に恵まれた子は、家庭環境にかかわらず、テストで高い得点をとるのに、質の低い担任がわずか2年でも続いた子は、2度と遅れを取り戻すことができません。
だったら質の高い教師を雇って、質の低い教師をクビにすればいい。
だがこの単純に見える措置が難しいのです。

ダメ教師もクビにできない

 マッキンゼー社の分析によると、アメリカの初等中等教育の教師のほとんどは、高校時代に大学進学が決まっている生徒の中で、下から1/3に入る成績でした。
(教育大国のフィンランドでは上位10%に入る)
アメリカの公立学校は、優秀な人材を招き寄せてこなかったのです。
 クビにするのも難しい。
教員組合の力がますます強くなっており、ほとんどの州では教職に就いてから2~3年たつと、終身の教員資格が得られ、特別の事情がない限り教師はクビにできません。
ニューヨークでは08年3万人の終身教員のうち、特別な事情で解雇されたのはわずかに3人、シカゴでは能力不足を理由に解雇されたのは0.1%、コロラド州デンバーは0%、オハイオ州マクロンは0%…。
アメリカでは毎年99%の教師が「合格レベル」というお墨付きを得ます。
教師を解雇すれば組合に訴えられ、法外な訴訟費用を強いられることになります。
生徒の点数を教師の評価に反映させれば、効果があることはわかっても、教員組合の強いニューヨークなど各州では終身職の教員の査定は法律で禁止されています。

5月 6, 2010 3.スクラップ |

2010年4月 5日 (月)

韓国を世界に売り込む男〈4月〉

Photo_3 李 明博 イ・ミョンバク 1941年生 現第17代大統領
大阪府出身。
日本での通名は月山明博(つきやまあきひろ)
1945年、密航船に乗って父親の故郷である浦項へ引き揚げた。
奨学金受給と肉体労働で定時制の同志(ドンジ)商業高校卒。
1965年に高麗大学校商学部経営学科卒。
零細企業だった現代建設に入社。
36歳で社長になる。元ソウル市長。

 韓国経済は09年の第3四半期に前期比3.2%増の高成長を達成。
OECD(経済協力開発機構)に加盟する先進30カ国中、いち早く世界的不況から抜け出した国として注目されています。
OECDの予測によると10年の韓国の経済成長率は4.4%で、加盟国中、最高の数字を挙げる見込です。
李明博大統領は世界経済危機の終焉をきっかけに韓国の飛躍を実現させようとしています。
李の目標は韓国を内向きの経済国から世界に影響力を及ばす国に変えようとしています。
気候変動や金融規制といった世界的な問題の解決に関して先進国と途上国の仲介役になるつもりです。
 今年11月に20カ国・地域(G20)首脳会議がソウルで行われる予定ですが、多くの韓国人にとってこれは誇らしい栄誉です。

日本を抜いた貿易黒字

 今の先進国で企業経営者から国家指導者になったのは、イタリアのベルルスコーニ首相と李の2人しかいません。
李は現代建設のトップだったとき、部下から「ブルドーザー」と呼ばれていましたが、今でもその手法は変わりません。
韓国政府は長年世界市場でライバルと競い合える企業の育成に巨額の資金を投じてきました。
現代やサムソン、LGといった財閥系の輸出企業の成長の背景には、こうした力が役立っています。
金融危機の影響でウォンが安くなると、これらの輸出企業は世界市場で日本などの先進国のライバル企業を押しのけてシェアを拡大し、韓国の貿易黒字は09年に400億ドルを突破し過去最高となり、初めて日本を追い抜きました。   

東南アジア諸国の模範に

 李は韓国を中国の大規模な統制経済や日本の成長なき経済とは異なる活気に満ちた存在として、アジア経済の中に位置づけようとしています。
中国モデルの欠点に懸念を抱く多くの東南アジア諸国は、中国に代わる存在として韓国に注目しています。
ベトナムやカンボジア、インドネシアだけでなく、ウズベキスタンの当局者も定期的に韓国を訪問し、経済運営や、企業経営の研修プログラムに参加しています。
 途上国にとって韓国の開放的な経済システムは中国のシステムより魅力的です。
李は韓国のイメージアップにも取り組んでいます。
若者の国外ボランティア3000人をアジアとアフリカの国々に派遣し、公衆衛生の改善や児童教育の改善に当たらせており、13年までに2万人にまで増やす予定です。
かつては国際援助を受ける側だったのに09年には途上国に10億ドルの援助を実施し、5年以内にその金額を3倍に増やす計画です。

4月 5, 2010 3.スクラップ |

2010年3月 5日 (金)

庶民への大学門戸解放策の失敗…イギリス〈3月〉

103071
 大学に通えるのが中流階級と上流階級だけというのはおかしい。
高等教育の大衆化を加速化すべきだ ― イギリスで90年代後半に誕生した労働党政権は大胆な目標を掲げました。

 当時トニーブレア首相は向こう20年間で高卒者の大学進学率を50%に引き上げ新入生の数を10万人以上増やすことを提言。
特に貧困家庭をマイノリティー出身の若者の大学進学率を上げることが重視されました。
全ての進学希望者が大学まで学べる理想的な教育環境が実現する…はずでしたが現実はそれ程甘くはありませんでした。

 数字だけ見れば大学改革は一定の成功を収めたかのように見えます。
改革着手前の1998年イギリスの大学の新入生は32万9000人でした。
これに対して09年の全日制大学の出願者数は59万2000人に達し17万人も増加しています。
しかしその結果、問題点も出てきました。

 大学は学生層の拡大に伴い科目を大幅に増やしてきました。
その中には「パン焼き技術」など学問とは言い難い授業もあります。
教員は入学者の増加と入学条件の緩和による学生の水準の低下に悩んでいます。
学位取得に必要な基本的知識を身につけさせるための補習に多くの時間がとられるとケント大学のフランク・フレディ教授(社会学)は嘆きます。
今や本格的な高等教育が始まるのは大学院からです。
入学者を増やしつつ、従来通りの教育水準を保つのは極めて難しいと上記フレディ教授は言います。
大学を卒業したからといって必ずしも十分な教育を受けたと言えないのが実情です。

 入学者を増やして学生の出身階層を多様化するという目標も達成されていません。
今もイギリスの名門大学では金持ちの子弟の合格率は最貧困家庭の出身者の10倍あります。
更に労働者階級の子弟が多く通っている非名門大学では1年を終えた時点で退学する学生が15%を超えるところもあります。
高等教育を受けた者が希望するような働き口が不足しており、昔なら高等教育を受けた者が就かなかったような仕事に就く大卒者が増えています。

3月 5, 2010 3.スクラップ |

2010年2月 5日 (金)

忘れたころに帰ってきた悪魔「結核」〈2月〉

102070
 貧困国の保護問題に世界の目が向けられてから約10年、その活動はそれなりの成果を挙げてきました。
マラリアの深刻な地域では00年以降、感染者数が半減したし、エイズ治療薬を手に入れられる人もこの5年で10倍を超えました。

しかし放置されてきた感染症に「結核」があります

 結核菌は古代エジプト人のミイラからも検出されており、今でも毎日5000人の命を奪います。
これは09年に発生したH1N1型インフルエンザのこれまでの死者数を超えます。
そして今、結核菌は私たちの手に負えない程強力になりつつあります。
 ヒト型結核菌に初めて有効な治療薬が登場したのは1944年でした。
それ以来結核菌は次々と新しい薬への耐性を獲得してきました。
そして90年以後結核菌は複数の薬剤に対して耐性を持つ多剤性結核菌(MDR-TB)となり、更に最近では、ほとんどの抗生物質に対して耐性を示す超薬剤性結核菌(XDR-TB)も確認されるようになってきました。
 WHOのチャン事務局長は、迅速かつ断固たる行動をとらなければ、人類は結核が不治の病だった「抗生物質発明以前の時代」に逆戻りする可能性があると警告しています。

エイズとの資金獲得競争に敗れる

 人類の約3分の1は結核に感染しています。
しかし健康な人は、普通は体内に入った結核菌を免疫力で処理してしまいますし、生き残った菌も長い休眠状態に入りますので、ほとんどの人は自分が結核に感染したことさえ知りません。
しかし、エイズウィルスなどに感染するなどして免疫力が落ちると、眠っていた菌が目を覚まして肺や肝臓などで暴れ始めます。
エイズ感染者はそうでない人に比べて、結核を発症する可能性が、20~30倍も高いのです。
 エイズ発生以前は世界の関心はもっぱら貧困国の衛生状態の改善に向けられていたのに、エイズ拡大により先進国の援助はエイズ対策用の資金や技術に集中してしまいました。
その結果、HIV剤の供給量が10倍に増える一方で、結核治療薬の供給体制は全く改善されず、結核はエイズ患者の死因として圧倒的な1位となり、アフリカとアジアのエイズ患者は薬物耐性結核菌の温床となってしまいました。

 世界は結核の爆発的流行に向っています。
「結核は不治の病になる可能性がある」とWHOの結核対策部門長は言います。

2月 5, 2010 3.スクラップ |

2010年1月 6日 (水)

鉄のゴミを海のサプリに!〈1月〉

101067
 磯焼けは、昆布やワカメなどの藻類が減少する一方で、サンゴモと呼ばれる白く硬い殻のような海草が海底の岩の表面を覆いつくす現象です。
過去30年で日本の近海では、磯焼けが進み、魚の餌となる藻が4割も減少しました。
これは漁業関係者にとって、大きな悩みの種となっています。こうした磯焼けの原因はこれまでは、海水温の上昇や水質汚濁などに加えてウニなどの生物が海藻を食い荒すからだとされてきました。
 しかし原因は「海の鉄分不足」にあったのです。
その背景にあるのが鉄の供給源になっていた森林の破壊です。

 落ち葉などが腐ってできた腐葉土の中には、鉄と結びつき易い性質の腐植酸が発生しています。
腐植酸は地中の鉱物などが含む「二価鉄」と結合して「腐植酸鉄」になり河川を通じて海に大量に流れ込んでいます。
海藻類は、この腐植酸鉄に含まれる「二価鉄」を吸収して、光合成や生殖細胞の一種である配偶体を育てていました。
ところが近年の森林伐採や大規模なダム工事で、河川と海が遮断され、海への鉄の供給ルートが閉ざされてしまいました。
それが磯焼けの大きな原因となっていました。
森林が破壊され、漁場が消失してしまったため、森林を甦らせたところ漁場が戻ってきたという報告もありますが、これも鉄分の不足が原因だったのです。

 新日鉄では2003年から、東京大学と共同で人為的に鉄分を海に供給して藻場を蘇らせる取り組みに乗り出してきました。
その際に使ったのが鉄鋼スラグです。
鉄鋼スラグは鉄鉱石から鉄を作り出す過程で生まれる副産物で、鉄分や石灰を多く含んでいます。
1トンの鉄を作るのに当たって約400㎏と4割の鉄鋼スラグが発生します。新日鉄だけで2008年には1200万トンの鉄鋼スラグが発生しました。
新日鉄は鉄鋼スラグを使い、森から生まれる腐植酸鉄に限りなく近い成分を含んだ製品作りをしてきました。
廃木材チップを発酵させて腐植土を作り、そこに同じ分量の鉄鋼スラグを混ぜ合わせています。

 5年前に初実験を行った北海道増毛町では、3年連続で昆布が大豊作になり、20年ぶりにニシンの大群も帰って来ました。
成功を聞きつけた他の漁業組合から引合いがあり、その後も東京都三宅島や、三重県志摩市など全国15の地域で実験が進んでいます。

1月 6, 2010 3.スクラップ |

2009年12月 6日 (日)

ありがた迷惑な「世界遺産登録」〈12月〉

0912062
 バロック様式の建築で名高いドイツの古都ドレスデンは第二次世界大戦の空爆で大きな被害を受けましたが、復興の努力の甲斐があって、エルベ川流域の景観が観光客の目を楽しませていました。
ドレスデンは04年に世界遺産に登録されましたが交通渋滞が激しいためエルベ川に4車線の橋を架けることが2度の住民投票ので決まり、ユネスコは6月「ドレスデン、エルベ渓谷」を世界遺産リストから抹消しました。
72年に世界遺産条約が採択されて以来、抹消されたのは、石油採掘のため自然保護地区を90%縮小したオマーンの「アラビアオリックスの保護地区」につづいて2件目です。

 世界遺産に登録されると観光ブームにつながるため、多くの国が世界遺産の登録に熱意を燃やしています。
登録を目指す各国政府や地元の産業界にとり、世界遺産は無名の土地を観光スポットに変えるマーケティングツールです。
中国雲南省の麗江の旧市街は97年の登録以来、年間観光客が10年間で170万人から460万人に増えました。
カンボジアのアンコールワットも1万人に満たなかった年間観光客が92年の世界遺産登録をきっかけに、100万人以上に激増した観光客に対応すべく、町は拡大の一途を辿っていますが、さらに地元のホテルが遺産の地下から水を汲みあげているため、遺跡自体が危機にさらされています。

 現在、登録済みの世界遺産は900件程あり、今後も増えつづける見込みです。
途上国では世界遺産に登録されることで自然や遺跡が破壊される懸念が高まっており、環境保護派の間では、自然や遺跡の保護のためには世界遺産に登録しない方が得策だという声も上がっています。
世界遺産センターの台所事情は非常に厳しいものです。
職員は100人未満で、歳入は寄付を含めて2000万ドル程度です。
遺産の保護に苦労する貧しい国々を助けたくとも、まるで力がありません。
センターには10倍の資産が必要です。

 過去5年でユネスコは100件以上を世界遺産に登録しました。
登録増加のペースが速すぎるという批判もあります。
しかし一部の国にとって世界遺産の登録件数は勲章のようなもので、イタリアとスペインは最多国の座を賭け長年しのぎを削っています。
こうした争いを封じるためユネスコは一国につき推薦件数を年間2件に制限しましたが、世界遺産の価値が揺るぎはじめたのは確かです。

12月 6, 2009 3.スクラップ |

2009年11月 5日 (木)

省エネするほど温暖化の矛盾…代替フロンの問題点〈11月〉

0911057
 「家庭用エアコンには、最大でCO2、3600kgに相当するフロン類が封入されています」ダイキン工業やパナソニックなどのエアコン大手は9月から新製品にこんなシールを貼り始めました。
 日本人は毎日1人当り約6kgのCO2を排出しています。
3600kgは約1年半の排出量に相当します。
 エアコンを省エネ化するには2つの方法があります。
一つは、コンプレッサーなどの部品の消費電力を抑えることです。
しかしこの方法は永年の技術改良により限界に近づきつつあります。
もう一つはヒートポンプの性能の向上です。
ヒートポンプは空気中の熱を有効活用することでエネルギー効率を高める技術です。
ここで重要になるのが熱交換を担う「冷媒」です。
熱交換率が向上する程電力消費量が減り、省エネにつながります。

代替フロンはCO2の2000倍の温暖化効果

 最近のエアコンは冷媒として代替フロン、HFC(ハイドロフィルオロカーボン)を使用します。
HFCは人体に無害で、特定フロンのようにオゾン層を破壊することがありません。
そのためモントリオール議定書で特定フロンの製造が規制された後急速に普及してきました。
しかしHFCはCO2の約2000倍と強力な温暖化効果を持つ物質であるという問題を抱えています。

家庭用エアコンだけでCO2換算2億トン相当

 国内では1億台以上の家庭用エアコンが稼動しており、1台当り約1kgのHFCが充填されており、これをCO2換算すると約2億トンの温暖化ガスが家庭に存在することになります。日本のCO2の年間排出量は13億トンですからたいへんな量です。
勿論HFCが適切に処理されていれば問題はありませんが、リサイクルは不十分です。
日本では年間700万台のエアコンが販売されていますが、きちんと回収できているのは約200万台で3割にしか過ぎません。
あとは不法投棄かスクラップ業者が金属だけを抽出し温暖化ガスとして空気中に放出されていることになります。
 問題なのはエアコンだけでなくスーパーやコンビニなどで使われる別置き型ショーケースです。
充填されているHFCの量が家庭用エアコンよりも多く、温暖化効果がより強い種類のHFCが使われています。
スーパーなどではレイアウト変更などが頻繁にあり、そのたびにHFCが放出されます。
経済産業省によるとショーケースのHFCのうち年間16%が漏れているといいます。
しかし現時点では安全性や熱交換率でHFCを超える冷媒は存在しません。

11月 5, 2009 3.スクラップ |

2009年10月 6日 (火)

CO2の排出戦争〈10月〉

0910054
 バラク・オバマ大統領は、温室効果ガスの排出削減に関してリーダーシップを取ると宣言し、「米クリーンエネルギー・安全保障法案」が米議会下院で可決されました。
しかし6月にボンで開かれた温暖化対策の枠組みに関する国連作業部会では20年までに地球の平均気温の上昇を2度までに抑えるために必要な数値として温室効果ガスを90年のレベルから25%~40%削減するという目標に対し意見がまとまらないまま閉幕しました。
 CO2排出規制に関しては、先進国と途上国との間に溝があります。
貧しい国は京都議定書では、規制から徐外されていました。
しかし、その後の10年の急速な工業化によって、中国や他の新興国の排出量の増加を大幅に抑制しない限り、地球規模の排出削減はおぼつかないことが明らかになりました。でも途上国にすれば、先進国に追いつき、貧困から抜け出すには経済を成長させるしかなく、排出削減のために成長にブレーキをかけるわけにはいきません。
中国の担当者は過去200年にわたって温室効果ガスを排出してきたのは先進国なのだからその後始末をするのは彼等の責任であり、中国は経済成長に専念すると主張します。新興国の大半は削減目標の設定を拒否するだけでなく、排出量の増加ペースを落とすことにも消極的です。

先進国は規制によるコスト増を懸念

 先進国の政府は自国企業が厳しい排出規制に従うことで、製造コストが上昇するのに対して、排出義務のない中国のライバル企業が勢いづくことを懸念しています。
米エネルギー長官は、中国のような国に温暖化ガスの削減を求めるために、輸入関税を武器として使う用意があると語っています。これに対して中国当局者は報復も辞さない構えです。
一方ヨーロッパは中国とアメリカが温暖化ガスの排出削減に同意しなければ、貿易制裁を果たすべきだと考えています。
 しかし保護主義的な主張は温暖化防止に向けた努力を損なうものであるだけでなく事実にも反しています。
企業が工場進出を決定する際、環境規制はほとんど考慮されておらず、重要なのは市場へのアクセスでその次は人件費です。
 排出削減を途上国にとって魅力的なものにするために、先進国がどの程度コストを負担する気があるかをはっきりと示すことです。
しかし現実には、温暖化防止の議論の焦点は環境保護よりも安価な中国製品の流入が雇用を奪い企業に打撃を与えかねないという点に傾きがちです。

10月 6, 2009 3.スクラップ |

2009年9月 5日 (土)

スパイ狩りの天国、中国の恐怖〈9月〉

099_2
 中国でビジネスをする外国企業の幹部は十分に気をつけた方がいいようです。
スターン・フーは英豪系資源大手リオティントの中国責任者として中国を相手に厳しい姿勢で交渉に臨んできましたが、リオティントの鉱石を中国側がいくらで輸入するかをめぐる価格交渉が長期化し、ついに暗礁に乗り上げた7月5日、フーは3人の部下と共に身柄を拘束されました。
フーの身柄拘束を伝える中国の国営メディアの報道には、「スパイ」「国家機密」「贈賄」といった言葉が飛び交っています。
中国当局によれば、フーと部下3人の容疑は、国家機密を盗みスパイ行為を行い中国の経済的利益に「重大な損害」を与えたと伝えています。

外国人数百人が逮捕

 リオティントと中国との関係はフーが逮捕される前から厳しくなっていました。
同社は中国アルミ業公司(チャイナルコ)から195億ドルの出資を受けることで一旦は合意をしていたのに、6月に合意を破棄したため、中国のメディアでは同社を敵視する報道を強めていました。
母国オーストラリアのスミス外相は、スパイ容疑には中国当局は何の証拠も示してないと非難しました。
この「リオ・ティント・スパイ事件」(と中国では呼ばれている)は目立っていますが、フーのように、中国政府と利害が衝突した外資系企業の外国人スタッフが中国の警察に身柄を拘束されたり、刑務所に送りこまれたりする例は少なくなく、これまでに数百人にものぼっています。
 アメリカ人も50人程います。
医療機器販売業者のジュード・シャオもその1人で、98年に詐欺と脱税の罪で有罪判決を受け、16年の刑を言い渡されました。
しかし容疑を裏付ける信憑性のある証拠はなく、シャオの釈放運動を推し進めたスタンフォード大学ビジネススクールの友人たちによれば、税務調査官に賄賂を渡さなかったことが本当の理由だと言います。
彼は北京オリンピックの開幕直前、仮釈放されて、上海で家族と暮らすことを許されましたが、仮釈放期間が終了する13年までは、外国人と会うには警察の許可が必要で上海を離れることも許されていません。
 中国では裁判所や警察で汚職が蔓延し、法の秩序が平等に行われていないなど、司法の透明性が欠けています。
当局は曖昧な内容の国家機密法を口実にして、気に食わない外国企業の幹部に制裁を加えることもできます。
中国の体制は「いかなる時に、いかなる状況においても、いかなる商取引にも合法的に介入できる」のです。

9月 5, 2009 3.スクラップ |

2009年8月 6日 (木)

ギリシャのパルテノン神殿の彫刻群の帰属〈8月〉

098047
 パルテノン神殿の彫刻の多くは過去数千年間に失われたり破壊されたりしてきました。
残った彫刻も近年、アテネの大気汚染が大理石を蝕むため移設が進められています。
これらの彫刻を収蔵するのが新アクロポリス美術館で、パルテノン神殿の建つ丘の麓に建てられました。
ここには、パルテノンの神殿の壁を飾っていた彫刻もオリジナルの配置通りに展示されますが、ところどころには石膏製の複製が飾られています。
これらの複製の本物部分は大英博物館に19C初頭から収められています。

英国大使が持ち帰る

 エルギン伯トーマス・ブルースは、1799年、オスマン帝国駐在の英国大使として、コンスタンチノープルへ赴き、それを機に古美術品の収集に乗り出し、辺境の町だったアテネへ調査団を送りました。
当初はパルテノンなどを飾る彫刻の模写や石膏像を手に入れたいだけでした。
しかし、オスマン帝国の君主からもらった許可証には、調査団が「文字や人物像のある石を持ち去ることを妨げてはならない」と書かれていました。
当時、支配下のエジプトに侵攻したフランス軍を撃退したイギリス人はありがたい存在だったので、こうしたエルギンに有利な許可証が出たのでしょう。
おかげでエルギンの調査団は数年もの間、神殿から貴重な彫刻群を持ち出すことができました。
その後エルギンはパルテノン神殿の彫刻群を3万5000ポンド(現在の250万ポンドに相当)で英政府に売却しました。
以来、大英博物館は、これを合法的な所有物という主張を貫いています。
これに対してギリシャはオスマン帝国から独立した1829年以来彫刻群の返還を求めており、1980年代からはギリシャ政府が旗振り役になって返還要求運動を続けています。
帝国主義真っ盛りの当時のイギリスでもエルギンの行動は文化的破壊行為と批判され、詩人バイロンも代表作「チャイルド・ハロルドの巡礼」でエルギンがしたことを非難しました。
 近年、アメリカの美術館がローマの美術品をイタリアに返還しているのは、70年代以後に国際協定に違反して盗掘略奪した証拠があるからで、エルギンの行為は当時の統治者に認められていたうえに、200年以上前に起きたことで、パルテノンの彫刻群の返還要求には法的根拠がないと専門家はいいます。
もし大英博物館が返還に応じればパンドラの箱をあけることになり、多くの古美術品が返還を迫られることになるとシカゴ美術館の館長は懸念を表明しています。

8月 6, 2009 3.スクラップ |

2009年7月 6日 (月)

若きサラブレットの静かなる革命〈7月〉

0971044
ラルフ・ガンジー(38歳)
3_2   昨年の10月の金融危機以来急落していた世界の株価が立ち直ってきました。
中でも中国とインドの回復が目につきま
す。
中国は56兆円の経済対策が効果をあげていますが、インドは金融危機の影響をあまりうけていなかったことと、総
選挙による国民会議派の大勝により、経済改革にはずみがつくと期待されているためです。
国民会議派の大勝利の原動力になったのはラフル・ガンジー、世界有数の政治家一族の御曹司です。
今も実母のソニア
は国民会議派の総裁を務めています。
しかしラフルは祖先とは違った道をとって、インドの改革を進めようとしていま
す。
 1984年に祖母インディラ(当時首相)が暗殺されたとき、ラフルはまだ14歳でした。
祖母の跡をついだ父ラジブもそ
れから7年後、遊説中、タミル人による自爆テロで殺害されました。
アメリカに渡ってハーバード大学に入学し、英ケン
ブリッジ大学で修士号を取得し、ロンドンのコンサルティング会社で3年間、偽名で働き、インドには2002年に帰国しました。
2004年の総選挙で下院選に出馬し当選しました。
その後3年程、農村部の貧しい人々の暮らしを知ろうとインド各
地を回ります。
土間にあぐらをかいて座り、地元の人々の訴えに耳を傾け、彼らと一緒に食事をし、彼らの家に泊まる
こともありました。
視察先の村人たちを地方政府の当局者に引き合わせ、行政サービスの改善を迫ることもあれば、貧
しい人々の苦境を訴えるために町で座りこみの集会を組織することもありました。

若い候補者を擁立し、若者を引きこむ

 インドの政治家はVIP待遇の大名旅行をするのが常識で、ガンジー王朝の血を引く国会議員が庶民と接触することなどまず考えられないことです。
メディアはラフルの活動を興味本位で取り上げ、政敵は、所詮は御曹司の気まぐれと一笑に
付しました。
ラフルは基本的には市場経済を支持していますが、貧困層を置き去りにする成長には異をとなえます。
説では「富める者と貧しい者の違いは何か。機会があるかどうかだ」と訴えてきました。貧困から抜け出せないのは政治の責任だという主張です。
選挙では数多くの若い候補者を擁立しました。年配者が尊敬され80歳でも現役が珍しくな
いインド政界では異例のことです。
しかし人口の70%は40才未満、50%は25才未満です。
ラフルはこの事実を踏まえ、
今こそ若者中心の政治に転換すべきと考え、その可能性に懸けました。
結果は新人候補の大半が当選を果たしました。
ラフルは膨大な数の若者を党の青年部に引きこみ、民主的な選挙を通じて彼らの中から新世代のリーダーを出そうとしています。
彼の革命が成功すればインドの政治は大きく変わります。
まともな民主主義が正しく機能し、まともな政治
の下で経済成長も実現できれば多くの途上国に勇気を与えることでしょう。

7月 6, 2009 3.スクラップ |

2009年6月 6日 (土)

ソマリア海賊の血〈6月〉

「海賊としてもうひと頑張りして現金を稼ぎたい。そしたら後は結婚して足をあらう。」
ソマリヤ海賊・ダヒール・ハイエシ(25歳)
096041
 
東アフリカのソマリア沖でアメリカの貨物船マークス・アラバマ号が海賊の襲撃を受け船長が人質に捕られて5日目、4月12日の夕方、米海軍特殊部隊が海賊3人を射殺し船長を救出しました。
海賊の射殺を許可したバラク・オバマ大統領の判断はアメリカ国内で政治的立場の違いを超えて高く評価されています。
クリントン国務長官も、海賊の逮捕を推し進めるべきだと発言し、海賊の資金の追跡と資産の凍結、没収を検討するとしています。
 しかし、海賊被害の当事者の海運・保険業界は、アメリカの強硬策が海賊の攻撃性を強め、この海域を航行する商船の危険がむしろ高まりかねないと不安を強めています。事実、最近まで海賊が船員に暴力を振るうケースは極めてまれでした。
この1~2年でソマリアのアデン湾で海賊が商船を襲って船員を人質にとり、身代金を要求する事件が多発するようになりましたが、ほとんどの場合、船荷と船員は無傷で解放されていました。
救出作戦の抑止効果を米海軍当局者は強調しますが、軍事介入が海賊の凶暴化を招きかねないと、海賊に関する情報を収集している国際海事局は警告を発しています。
「貧しく、無法地帯化しているソマリアでは、人命は軽く、海賊1人を殺せば別の1人がその穴を埋めるだけのこと、海賊100人を殺せば新しい海賊がその何倍もあらわれる…。そうかといって海賊を片っ端から射殺し始めればソマリア人の反発が強まる。」と国際海運情報誌の中東派遣員は指摘します。
事実、3人の射殺後、ソマリア沖では海賊による襲撃が相次いでいます。
海賊のリーダーたちは「我々が自分の海を敵から守ることをやめさせることは誰にもできない。我々はその為に命を投げうつ覚悟ができている。アメリカ人を探し出し、捕えてぶっ殺す」と報復を誓っています。
 ソマリアでは今や海賊行為が一大ビジネスになっており、この国で繁盛している数少ない商売(?!)です。
ソマリア沖で活動するプロの海賊は300人ほどで、それを地上でサポートする人間が同じ位います。
身代金の受け渡しはたいてい現金で行われるので、クリントン国務長官のいう資金追跡、資産凍結は困難です。
海賊取締の第一歩を踏み出すだけでも60隻の艦艇が必要ですが、現在海賊対策のためこの海域に派遣されている艦艇は20隻足らずです。

6月 6, 2009 3.スクラップ |

2009年5月 7日 (木)

移民の逆流が始まった〈5月〉

037
 今は地球上で最も豊かな国々にも職はなく、移民への風当りは強まるばかりです。
そのため移民の流出が始まっています。
今後、移民の流出は数百万~数千万の規模になると元国連人口部長ジョセフ・チャーミーは言います。
アイルランドでは今年第1四半期に約3万人の外国人が失業し、旧ソ連圏から欧州に出稼ぎに来た数十万の労働者も失業し、ほとんどがスーツケース1つで帰国しています。
マレーシアでも昨年はインドネシア人労働者約20万人が帰国しました。
湾岸諸国では油田やサービス業に1300万人の出稼ぎ労働者がいますが、最悪の場合その半数が解雇されかねません。
日本でもブラジル人の非正規労働者31万7000人のうち1万人が過去4ヶ月に職を失いました。
先進国には移民の流出を喜ぶ人も多くいます。
米ジャーマン・マーシャルファンドは昨年11月、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、ポーランド、オランダで調査を実施しましたところ、回答者の80%以上が国境の管理強化を73%以上が不法移民の雇用に対する制裁強化を求めています。
チェコでは、職がなく国を離れることに同意する移民に649ドルと片道の航空券を支給。
スペインでは最低3年間は戻らないことを条件に、出国する外国人に1人当り14,000ドルを提供することになりました。
520万人の出稼ぎ労働者の6人に1人が失業中のため2万人がこの取引に応じるものとスペイン政府はみています。

            2億人の移民

 70年代に始まった大移民時代、何千万人の人々が海を渡り、山や砂漠を越えました。移民の数は75年当時の2倍以上になり、90年代末世界の人口68億に占める移民の割合は史上最高の3%の2億人に達しました。
出稼ぎ労働者の稼いだ金の大半は母国に送金され、家族の貴重な資金源となり、国の経済を支えてきただけに、途上国に深刻な影響を与えそうです。
送金額の総額は10年前の730億ドルから昨年2,830億ドルにふくれあがり、多くの貧困国に対する外国の援助額を上回ります。
GDP(国内総生産)に占める送金の割合はタジキスタンで45%、モルドバで38%、ホンジュラスでは25%に達しています。
キルギスの経済発展貿易相は昨年11月、送金が激減すれば国は財政破綻に陥りかねないと警告しています。

5月 7, 2009 3.スクラップ |

2009年4月 5日 (日)

インド農村で携帯ブーム〈4月〉

トイレがなくても携帯は買う
034_3
 世界経済が減速する中、インドでは地方に住む貧困層に携帯電話が急速に広がっています。
株式市場は低迷ですが、携帯電話市場は活況を呈し、1月の新規加入は1100万件を越え、その成長は世界最速の勢いです。
インドの携帯電話需要は主に地方農村部の年収1000ドル以下の消費者です。
彼らは土地をもたず、借金もないため、株価や不動産価格の下落や貸し渋りの影響もありません。
 インド全域で、固定電話契約は4000万件ほどしかなく、農村部住民のほとんどは固定電話を使えません。
そこで、自分の町や村が携帯電話の受信地域になると、初めての電話を手にしようと、人々は殺到します。
家にはトイレもなく、畑にはトラクターもないけれど、携帯端末を60ドルで買います。
(年収1000ドルの彼らの月収に近い額になります)
 インドの携帯電話の普及が速いのは、携帯電話サービスが世界で最も安いからです。かかってきた電話は無料だし、かける時は1分2セント以下で済みます。
月決めプランでなく、プリペイドカードで必要な時に買い足しています。
メールはしません。

月間加入者1000万人

 2008年のインドの加入者累計は前年比48%増の3億4700万人ですが昨年の12月時点の普及率はまだ30%以下で米国の80%以上、中国の40%以上に比べ低く、潜在需要はまだまだ大きいといえます。
 稲を巨大な石のローラーで潰すという脱穀法は今もかわりませんが、携帯により彼らの農業が変わりました。
他の農家に電話で聞いて種まきや収穫の時期を決めたり、卸売り業者と電話交渉して米やココナッツやジャスミンを最高値で売ったりできるようになったし、時間通りに来ない集配を道端で何時間も待つこともなくなりました。
 彼らは携帯電話を手にいれたことで、国内外の出来事を初めて知ることができるようになりました。
彼らは米国の大統領が「オバマ」だと答えられるし、世界経済の低迷で、ココナッツや絹の価格が下がっていることも知っています。
自分達の農業中心の経済が、近くのバンガロール(インドの都市名・IT産業の中心地)のハイテク業界ほどひどく痛めつけられていないことも知っています。
 世界経済危機の後の方が自分達の暮らしは良くなったようにも感じられます。
携帯電話を持つようになって、生活が豊かになったと感じられます。

4月 5, 2009 3.スクラップ |

2009年3月 7日 (土)

高級時計VERTU〈3月〉

0933027
 世界シェア首位の携帯端末メーカー、ノキアが日本での端末の販売を打ち切ります。
ノキアは1989年にノキアジャパンを設立し、国内シェア10%を目指して市場開拓をしてきましたが、昨年度のシェアは1%未満でした。
 しかし、代わりに今春別の部門が上陸します。
高級携帯を開発、製造販売するヴァーチュ(VERTU)です。
価格は60万~400万程度で、18金やチタンを使い、職人が手で組み立てており、限定品になると数千万円を超えます。
 「なぜ高級時計やスポーツカーにこだわりがあるのに、携帯電話にこだわった商品がないのか」が開発の基点です。
ヴァーチュが目指すのは携帯というより宝飾品です。
高級品を製造するロレックスやカルティエが目標です。
現在は数百億円程度の売上とみられていますが10年後にはロレックスの売上高を目標としています。
 ヴァーチュは1998年の設立で2002年に製品の販売を開始し、既に米国、中国、ロシアなど53ヶ国で販売しています。
今年2月に開店予定の東京銀座店は世界一の大きさで、修理などを請け負うサービスセンターも開店と同時に開きます。
ヴァーチュはコンセルジュというサービスを各国で展開しています。
客が端末のコンシェルジュボタンを押すと、専用センターにつながり、レストランの予約やミュージカルチケットの購入もできます。
日本では世界で始めてのサービスも導入する予定です。
 日本市場に力を入れるのは、日本市場が大きいからです。
高級ビジネスを展開する企業が加盟するインターナショナル・ラグジュアリー・ビジネス・アソシエーションによると、ファッションや時計など高級製品における日本の市場規模は世界の18%を占め世界第2位です。
日本人はブランドに対する評価の目が厳しいという特色があります。
「外国人は2ページのカタログもろくに読まないけれど、日本人は8ページあっても全部目を通します。材料やどんな職人が作っているかまで詳しく聞いてきます。」とヴァーチュの役員は言います。
 ヴァーチュが製品を置くのは直営店や宝石店、高級時計店の店先だけです。
売り方は宝石職人に似ており、富裕層の常連客です。
古城でのカクテルパーティーや非公開のカーレースなどに常連客を招き、彼らが連れて来た友人を新規顧客とします。
 新しいものがりやの日本人ですから意外に成功するかもしれません。

3月 7, 2009 3.スクラップ |

2009年2月 6日 (金)

ソマリア沖の海賊…船舶39隻乗っ取り〈2月〉

092018
 ソマリア沖での海賊の活動が活発(?)で、被害が拡大しています。
昨年の襲撃事件は全部で95件あり、乗っ取られた船舶は39隻、現在も拘束中の船舶が16隻もあり、現在拘束中の人質が300人です。
昨年中に支払われた身代金は3000万ドル(約30億)です。
乗っ取られた最大の船舶はサウジアラビアの巨大タンカー、31万8000トンのシリウス・スター号です。
 乗っ取られた船のほとんどは、暫定政府の自治地域にあるエイル港に停泊しており、人目につく場所で、近くに軍の艦艇もいるのに手を出すことができません。
なぜなら船は人質を隠すのに格好の場所だからです。
特殊部隊を送りこむことは簡単ですが、海賊が船のどこに何人いるか、人質をどこに捕らえているか全くわからないのです。
更に船中では迅速に動けないため、人質の命の保証ができないという欠点があります。
 海賊は奪い取った身代金を派手に使っています。
エイル港の周辺には真新しい小型のトラックや邸宅が並び、海賊相手の新しいホテルやレストランやエンターテイメント産業まであります。
グラスファイバー製のボートや武器を扱う事業も行っています。
もちろん役人や武装勢力の指導者にも賄賂を贈って安全を確保しています。

ソマリヤの住民は海賊を支持

 ソマリア沖の海賊行為が盛んなのは、住民の支持もあるからです。
ソマリア沖では各国の漁船が違法操業を行い、年間3億ドルを稼いでいます。
ソマリアの漁船は小さく、こうした大型漁船には太刀打ちできないし、外国漁船に網を破られた、船を転覆させられたと被害を訴える声も多く、漁民の目には海賊が仕返しをしてくれているように映っています。
多くのソマリア人にとって、海賊は欧米中心の世界に立ち向かう若きレジスタンスであり、沿岸に好景気をもたらしてくれる有難い存在でもあるのです。
海賊も自分達は無法者ではなく、海を守る「沿岸警備隊」であると主張しています。
 大型タンカーは船に警備委員を配置することもできますが、揮発性の高いものを積んでいるので船上での銃撃戦を避けたいのです。
EU各国や中国、日本も艦戦を派遣することを決定しましたが、現行犯でなければ捕えられないのが欠点で、今のところこれといった対抗策は見つかっていません。

2月 6, 2009 3.スクラップ |

2009年1月 6日 (火)

良く噛む〈1月〉

09
 現代人は噛む回数が昔よりぐっと減っています。
食事1回当り噛む回数は小学生と大学生の平均で、10.5回で、2~3回しか噛まない人もいます。
軟らかい食べ物が増えたことが原因です。
戦前まで日本人は30回位噛んでいました。
 健康のためには良く噛んで食べることが大切です。
食べ物をおいしく味わえるようになるだけでなく、食べすぎを防ぐことにもなります。
 噛むことで脳にある満腹中枢が刺激され、内臓脂肪の分解が促進されます。
よく噛まずに早食いをすると満腹感が得られず、つい食べ過ぎてしまいます。
噛むことで体内のエネルギー消費も促され、脂肪が燃焼されやすい状況になります。
また噛むと脳に刺激が伝わり、活性化し認知症の予防にもつながります。
 「よく噛んで食べる」の著者、齋藤滋氏は「一口30回1回の食事で1500回噛む」を提唱されています。
具体的には次のようにします。
①食べ物を口に入れたら箸を置く
②右側の歯で10回噛む
③左側の歯で10回噛む
④最後に両側の歯で10回噛む
こうすると満腹感を得られ易くなります。
実践するのは大変ですが、朝昼晩のうち一回だけでもゆっくりと食事をすることから始めることが大切です。
食べ過ぎないためにはガムも有効です。
食前に5~10分噛んでから食べ始めると満腹中枢が刺激され、食事の量を普段より2~3割減らすことができます。
 人間は若いうちは、しっかりと物を噛むことができる歯がありますが、50才を過ぎる頃から虫歯や歯周病などで徐々に自分の歯を失っていきます。
80才で自分の歯が20本以上ある人は2割しかありません。
自分の歯で食べられれば食べ物もおいしく食べることができますが、たとえ総入れ歯でも、きちんと合っていれば舌をうまく動かすことで多少硬いものでもおいしく食べられます。軟らかい食べ物ばかりで歯や舌を使わないと、舌や頬(ほほ)が衰えてうまく飲み込めずに気管支などに入り、肺炎になる危険性が高まります。
舌や頬を訓練することも大切です。

1月 6, 2009 3.スクラップ |

2008年12月 5日 (金)

ゲリラ豪雨予測〈12月〉

2008
 短時間のうちに雲が空を覆って轟音の雷鳴や土砂降りの雨が降り始める。
雷を伴った局所的な大雨、いわゆる「ゲリラ豪雨」に驚かされることが多くなりました。
 これまで、ゲリラ豪雨を事前に予測することは困難でした。
それは気象庁の予測システムに原因があります。
 気象庁は全国20ヶ所に設置された気象観測レーダーで集めた降水量の情報と、全国1300ヶ所の観測所で集めた地域気象システム「アメダス」のデータを使って気象観測を行ってきました。
こうした情報を用いて、全国を1km四方の観測メッシュで区切って、地域ごとの降水量を解析しています。しかしこの方法には3つの限界があります。
 1つ目は、気象庁の観測レーダーは広域の気象情報の検知には優れていても、局所の気象変化を捕捉することは困難。
 2つ目は降水量のデータは30分毎の実測によるため、30分よりも短い時間内で起きる天気の急変をとらえることが困難。
 3つ目は従来の気象観測レーダーでは、雨を降らせるまでには至らない未発達の雨雲を探知することが困難。

人海戦術で急変を捕捉

 そこで気象情報会社ウェザーニューズは同社の気象情報サービスの有料会員の中からゲリラ豪雨防衛隊への参加者を募りました。
隊員は情報を報告する見返りに、ゲリラ豪雨の警報を携帯電話で受け取れます。
1万人を超える隊員が集まりました。
隊員から集められる情報は、空模様、雲の方角、雷鳴の有無、入道雲の発生、空の写真などです。
 もう一つは「10分間天気予報」という無料サービスです。
100万人いる利用者が携帯電話から、現在地の天気を報告すると1時間先までの10分ごとの天気予報を無料で受けられます。
報告事項は利用者が見た「晴れ」「曇り」「雨」という天気と「ポツポツ」「パラパラ」「サー」「ザーザー」「ゴオー」という雨の程度と「白い雲」「グレー雲」「黒い雲」という雲の色を選択肢から選びます。
これらの情報は地図上で集計されて、リアルタイムで天気の変化を読み取れます。
 この2つの方法により従来の観測メッシュによる気象観測では見えなかった詳細な雨や雲の状態もわかるようになり、日本の天気の全体像が詳細に分かるようになりました。

12月 5, 2008 3.スクラップ |

2008年11月 6日 (木)

職場に蔓延する「9時5時うつ」〈11月〉

003
 うつ病と広言し、同僚が開いてくれた自分の歓迎会は欠席し、そのまま友人と花見に出掛ける。
休職すると「いい機会だから」と教習所へ通い、カナダの語学スクールに留学する手続きまでしていた。
 仕事中には体の不調を訴え、社外ではそれなりに元気に活動する「9時5時うつ」とでも言うべき社員が急増しています。
200社の人事コンサルティングをしているピース・マインドによれば、提供先のほぼ100%が悩んでいるといいます。
 これまでうつ病といえば40代から50代で発病。
病名をひた隠し、診断書には「胃潰瘍」など内科的な病名の記載を望み「頑張っている同僚に迷惑をかけている」と自分を責め、休職しても囲碁や釣りといった趣味を楽しむ気力すらないのに、一日も早く復職したいと訴えるタイプが大部分でした。
 一方「9時5時うつ」は20代後半から30代の若手に多く、気軽に精神科を訪れ「俺うつと思うンですね。
休職したいンで診断書いて下さい」と言い放ちます。
「上司が自分の能力を評価してくれないせい」「営業の仕事でうつになったので内勤に替えて」と訴えるなど他責的かつ攻撃的で、休職すると元気になり冒頭のような行動に出るのが特徴です。
 人事、労務担当者も「あいつは本当にうつ病なのか?甘えているだけではないか」と戸惑っています。
「わがままや怠けとの区別が難しく、特に40歳以上の管理職からみると到底理解できない」のがこの症状です。
精神科医も「本当に病気と診断していいのか悩んだこともある」といいます。
なぜ「9時5時うつ」が急増しているのでしょうか。
 一つには「うつ病は心の風邪」というキャッチフレーズが世間に広まり、かつての暗いイメージが払拭された結果「気分が負の方向に振れる理由をうつに求める人が増えた」ことです。
精神科を訪れる「9時5時うつ」患者は、事前に細く調べたうえで「自分にはこんなうつ病の特徴がある」と訴える人が多いといいます。
 もう一つは、20代~30代は「大事に育てられ嫌なことを避けてこられたので、挫折経験が少なく、たくましく育った40代~50代の管理職世代よりストレスに弱い」特色があります。
 あなたの職場にこんな人が出てきたらどう対処しますか?

11月 6, 2008 3.スクラップ |

2008年10月 6日 (月)

工学部の凋落(ちょうらく)〈10月〉

121
 資源のない日本が世界の中で伍してこられたのは、物づくりの力があったからだと思います。
強い物づくりの根っこには、強い物づくりの現場があり、それを支える物づくりの人材があったからです。
今その物づくりの人材に危機が迫っています。
昔は花形だった工学部の人気が全国的に落ちています。
 1992年のピーク時に全国の工学部志願者は延べ62万3000人いましたが、2007年度にはピークから6割減の27万人に落ち込んでしまいました。
代々木ゼミナールのデータによると1988年には有力工学部の難易度は地方大学の医学部と同等かそれ以上であったのに、この20年で一変してしまいました。
たとえば東京工業大学の難易度は、88年には金沢大、岡山大、熊本大という地方大学の医学部に並んでいたのに、2008年はすべての地方大学の医学部に抜かれてしまいました。
 事実、福井、野依両氏というノーベル賞受賞者を輩出した京大工学部でも合格点が下がり続けており、理数系の数学の問題も白紙解答が続出し、実力を正しく評価できない恐れがあるため、ここ数年問題を大幅に易しくしました。
 東大でも理系生徒1200人のうち、経済学部に58名が転部してしまいました。
かつては看板学科だった土木、機械、電気、化学の人気は凋落し、電気、情報系は過去5年連続の定員割れになっています。
2000年度まで10年近く定員割れが続いた原子力系の学科はすでに消滅してしまいました。
工学系の大学の世界ランキングでは2004年と2007年を比べると、東大は7位→9位、東京工大は11位→22位、京大は23位→29位と軒並みランクを下げています。
 私立大学の工学部はさらに深刻です。
九州共立大学は2008年度から工学部の学生募集を停止し、廃部を決定しました。
ここ数年定員割れが続いていましたが、志願者のレベルの低下がひどく、2001年には「入試の数学が0点だったら落とそう」というところまでに追いつめられました。
 ゆとり教育などと浮かれたことを言っているうちに、日本の教育は抜き差しならないところまで追い詰められてしまったようです。

10月 6, 2008 3.スクラップ |

2008年9月 5日 (金)

水不足〈9月〉

089110
 石油の値上がりで世界中がインフレの状況を呈してきており、世界の大問題になっていますが、石油の次に問題なのは「水」だと言われています。
 地球には膨大な水が存在していますが、そのうちの97%は塩分を含む海水で日常生活や農業に利用できる淡水は3%しかありません。
しかもその大部分は南極などの氷雪で湖沼や河川地下から得られる利用可能な水は地球上の水の0.1%に過ぎません。
 人間は飲み水のほか、炊事や洗濯トイレなどで先進国では1人当たり1日約300リットル以上の水を消費しています。
しかしこうした家庭で使う生活水は10%であとは工業用水20%、農業用水70%でほとんどが農業用水として使われます。

世界の40億人が水不足で苦しむ

 世界人口66億人のうちすでに11億人が淡水の不足に直面しており、飲料用水と衛生設備の欠如による死者は年間150万人にのぼります。
水不足はアフリカ、西アジア、中南米の農村地帯で深刻で、2050年には世界の40億人が水不足に苦しむことになります。
水不足の原因には爆発的な人口増加が考えられますが、他に3つの原因が考えられます。
 1つはライフスタイルの変化です。
トイレの水洗化など後進国でも生活様式が近代化する一方、都市化や工業化で大量の水がレストランや工場で消費されるようになりました。
 2つめは、アジアで食肉の重要が高まったことです。
小麦1キロを生産するには約1000?、飼料として穀物を消費する牛肉を1キロ生産するのは1万5000?の水を必要とします。
(500ccのペットボトル3000本分)
 3つめは、乱開発です。
アフリカでは保水能力の高い森林を伐採したことにより、3億人以上が水不足に陥っています。
世界中で数百万個の井戸が掘削され、地下水がどんどんくみ上げられています。
そのためアメリカ中西部からサウジアラビア、イランに至るまで各地で地下水が急速に下がっています。
過剰なくみ上げは枯渇を早めるだけです。
河川の水は十数日で入れ替わりますが、地下水の平均滞留期間は830年と非常に長く、一たん枯渇すると再生不能です。

9月 5, 2008 3.スクラップ |

2008年8月 6日 (水)

貴重な食糧がゴミ〈8月〉

08109
 世界中で起こっている天候不順や原油高騰、バイオ燃料への転用などで世界的に食糧が不足し値上がりしたため、低開発国では暴動も起こっています。
日本でも食料品の値上がりが顕著になり、値上げをしたNB(ナショナル・ブランド)商品が、スーパーのPB(プライベート・ブランド)に押されて売上減少に苦しんでいるようです。

 しかし食糧供給率39%しかない日本で、とんでもない食糧のムダ遣いが起こっています。
 石川県立大学の高月紘教授は、世界でも珍しい「廃棄物学」の専門家で「ゴミとライフスタイルの関係」を40年近く研究しています。
高月教授は5年に一度、家庭から出るゴミ袋を集め、ゴミの分析をしています。
2007年秋の調査結果は上のグラフの通りで「食べ残し」が42%と、野菜や果物の皮などの「調理クズ」とほぼ同じ割合でした。
本来お腹に入れるべき食物が半分近く捨てられているのです。
しかも全く手をつけていない封も切られていない食品が全体の28%もあり、そのうち6割が賞味期限の前でした。

年700万トン 国内生産額と同額がゴミに

 前回(2002年)の調査で5割を超えていた調理クズが減り、11%余りだった「手つかずの食品」は2.5倍と急増しています。
この調査から推計すると全国の家庭から出される食べ残しの量は年間456万トンに達します。
さらにスーパーやコンビニでの賞味期限切れによる廃棄食品とレストランやファーストフード店、ホテルからの食べ残しを加えると、年間700万トンに達します。
これはカロリーベースでの日本の食料供給量の35%以上で、国内の農業、水産業の年間生産額11兆円とほぼ等しいことになります。
日本人は国内で作っている食料をそのまま捨てている計算になります。
世界全体でみると食料不足のため多くの餓死者も出ている中で、日本人の食に対するライフスタイルはまさに犯罪そのものといえましょう。

 かつては“もったいない精神”で1粒のご飯も残さないような食事をしてきた日本人が、こうも無神経に食品を廃棄するようになったのは何故なのでしょうか。
日本人の食意識は危機に瀕しています。

8月 6, 2008 3.スクラップ |

2008年7月 5日 (土)

ペットビジネス…揺りかごから墓場まで「人間並み」が当たり前〈7月〉

0871104
 「日本ほどペットを巡る環境や飼い主のニーズが激変した国はない」と世界各国でペットフードを生産、販売する米マースフーズリミテッドの日本法人の社長は言います。
同社はチワワやシーズ、トイプードルなど犬種別に栄養成分や形状を変えたドックフード「パーフェクトフィット」を3年前に発売しましたが、これは日本だけの商品です。
 一昔まではせいぜい大型、小型など犬のサイズ別でしたが「ウチの子にあった食事をさせたい」という飼い主の要求が年々高まってきたためです。
同社は、キャットフードでも同様の製品の発表を検討しています。

 日本では1990年代からペットの頭数が増えはじめ、ペットが「癒しのパートナー」として扱われだし、ペットの擬人化が加速しています。
最近では小型室内犬の人気が高まり「より快適に、便利で、楽しく」という人間と同じような要素がペット関連商品に求められるようになり、ペットビジネスの国内市場規模は1兆1000億にまで膨らんでいます。

幼稚園からスポーツジム、介護施設まで 

 東京広尾にある、「アニマルプラザ犬のようちえん」の入園料は31,500円小型犬の通園48回コースで授業料は34万200円と人間の幼稚園より割高です。
送迎バスのサービスもあり、多い日は50頭が利用しています。
ここではチャイムや花火、雷などの音を聞かせると同時に、犬におやつを与え慣れない音を聞いても吠えないようにする訓練などを取り入れており、イルカの調教のノウハウも導入しています。
「犬のしつけは生後3ヶ月から7ヶ月が勝負」と、入園前に飼い主のカウンセリングをして教えるしつけの内容を個別に決めていくといいます。
 犬用のスポーツジムが名古屋市にオープンしました。
25mの温水プールに4000万円もするCTスキャンも設置し、ジム全体を本格的なリハビリ施設にしてあります。
月会費は18,900円で既に70頭のメンバーがおり、8ヶ月で黒字化しました。
 高齢化により認知症やガンになるペットが急増し、栃木県那須塩原温泉には、大型犬の排泄の世話などの介護サービスやホスピスの施設「ペットのここから」も出来ています。

7月 5, 2008 3.スクラップ |

2008年6月 5日 (木)

肥満が犯罪になる日〈6月〉

093

 「州内の飲食店は肥満者に一切食事を提供してはならない。」‥米ミシシッピ州の下院議会にそんな法案が今年1月下旬に提出されました。
対象は5席以上のレストランやバーで、違反を重ねれば営業許可を取り消されます。
肥満の基準は州保険省が定めると記されています。
WHO(世界保健機関)の定義にあてはめればBMI(体重㎏を身長の2乗で割った数)が30を超える人です。
提案されたミシシッピ州の肥満率は全米で最も高い31.4%で、成人の3人に1人は外食できなくなります。
…幸にもこの案は「あまりにも差別的」として廃案になりましたが、肥満への風当たりはますます強くなっています。
 また、ニュージーランドの通信社にヘッドハントされたイギリス人技術者とその妻は、肥満を理由に就労ビザの発行を拒否されました。
ニュージーランドは医療費を抑制するためビザの発行には健康診断書の提出を義務づけており、申請者は一定の基準を満たす必要があります。

BMI(体重kg÷身長m÷身長m)=30以上の従業員は月10ドルの課徴金

 企業や国が半ば強制的に減量や体形改善を迫る動きは急激に広がっています。
米金融大手ウェスタン&サザン・ファイナンス・グループは従業員の太り具合によって月15~75ドルを給料から差し引いています。
イギリス最大手の生保会社リーガル&ジェネラルはBMIが30以上の加入者の保険料を5割増しにすると発表しました。
さらに喫煙歴や病歴によって保険料は4倍にまではね上がります。
病院経営を行う米クラリアン・ヘルス・パートナーズ社ではBMI値が30以上の従業員は月10ドルの課徴金が課され、コレステロール値や血圧が基準値をこえるとさらに5ドルずつ加算されます。
 WHOの統計では世界人口66億のうちBMI 25以上が16億人、肥満の30以上は4億人にのぼっています。
 イギリスの肥満率は23%で、アメリカ、メキシコについで高く、肥満が国民健康保険にもたらすコストは年10億ポンド(約2000億)と見積もられており、今のペースで肥満者が増加すれば50年には64億ポンドにまではねあがります。
肥満のため巨大化する死体も財政を圧迫しています。
これまでイギリスの棺の幅は40~50センチだったのに、今では100センチあるものも珍しくなく、旧式の火葬炉は使えず、自治体では特大サイズの棺に対応した炉を購入する必要が出ています。
 米デューク大学の調査によると大学が負担する肥満者の医療費は非肥満者の7倍、けがや病気による欠勤日数は13倍という数字でした。
 これでは肥満をとり締まりたくなるのもわかります。

6月 5, 2008 3.スクラップ |

2008年5月 5日 (月)

美食都市TOKYO〈5月〉

0851089
 「ここには地上で最高の食がある」というのはイギリス人のレストラン評論家で日本在住暦の長いロビー・スウィナートン。
「私たちは知っていた。これからの世界がそれを知ることになる」

ミシュランガイドの総責任者ジャン・リュック・ナレは、昨年、東京版の調査チームとレストランの格付けについて話し合ったとき、尋常でないことに気づいた。
ミシュラン史上初めて、星つきのレストランだけで本一冊が埋まるのだ(ミシュランガイドには通常「星なしだがおすすめ」という店も掲載されている)東京版の星の数は191、2位のパリは97個、3位のニューヨークの54個を大きく引き離すことになった。
パリではフィガロ紙が「東京は世界の美食の新しい中心地」という見出し記事を掲載。
「大きく後れをとったパリは用心すべきだ」と警告した。
するとフランスではパリの「美食の都」としての地位を守ろうと、東京のあら探しが始まった。
評論家たちはパリの三ツ星レストランは10店だが、東京は8店だと主張。
東京周辺の人口はパリの3倍なのでパリの方が1人当たりの星の数は多いと指摘する人もいた。
フランスの長年のライバルであるイギリスは、いい気味だと思っているようだ。
イギリスのレストラン評論家ジャイルズ・コーレンがフランス文化は「衰退期」にあると主張する。
 「ミシュランガイド」初版9万部は発売後24時間で完売した。
ミシュランガイドのヒットは日本人の食へのこだわりの強さを証明する。
レストランの数はパリの1万3000店に対し、東京は16万店。
日本人のグルメはおいしい料理のためなら何時間だって待ち続け、日本のレストランはそんなグルメの期待に十分に応えている。
「素材と季節」―日本料理ではこれが全てだ。
ミシュランの2つ星の「菊乃井」は、だしの材料にも細かく気を配る。
水は京都の本店が所有する井戸でくみあげたもの、かつお節は九州、昆布は北海道から取り寄せる。
「手に入る最高の食材を使うよう心がけている」と菊乃井の主人、村田吉弘はいう。
名門として知られている辻調理師専門学校でも生徒たちには素材が命だと教えている。懐石料理だろうとフランス料理やイタリア料理だろうとこの鉄則は変わらない。
こうした料理人がいるおかげで、東京では芸術的な域に達した料理を気軽に楽しむことができる。

5月 5, 2008 3.スクラップ |

2008年4月 5日 (土)

犬の鼻〈4月〉

084
 犬の嗅覚は人間の数千倍から数万倍ともいわれています。
この嗅覚を使って麻薬発見に麻薬探知犬が活躍しています。
現在、全国の貨物の保管庫や空港の入国検査場などで合計120頭ほどが働いています。カバンのなかでラップなどに包まれた麻薬でも、わずかに漏れてくるにおいをかぎ分けます。
麻薬探知犬はラブラドール・レトリバーとジャーマン・シェパードの2種類です。
「人を怖がらず、あきらめない性格の犬が向いている」といいます。
素質がありそうな子犬を探し出し、約四ヶ月の訓練で選抜し、毎年20頭ほどがデビューします。

がん患者を嗅ぎ分ける

 犬の嗅覚を利用してガン患者を発見する論文が米国で発表されました。
カリフォルニア州のあるクリニックでは55人の肺ガン患者と31人の乳がん患者の呼気を採取し、五匹の訓練した犬にかがせたところ、高い精度で健康な人の呼気とを区別できたといいます。
ニューヨークタイムズ紙などが一斉に取り上げました。
日本でも同様の研究が進んでいます。
取り組んでいるのは明海大学の外崎肇一教授とOJPC福祉犬育成協会白浜センターの佐藤悠二支部長です。
四つの木箱の中に検査容器を入れておきます。
1個はガン患者の呼気、残りは健康な人の呼気を詰めてあります。
詰めたのとは別のガン患者の呼気を犬にかがせ、同じにおいがする箱を選ばせます。
ガン患者の呼気をほぼかぎ分けるといいます。
最終目標はガン患者に共通のにおい成分を見つけ、ガン検診に使える呼気センサーを開発することです。
今のところ犬が何に反応しているのか不明で、共通のにおい成分は見つかっていません。
 では犬の嗅覚はなぜ優れているのでしょうか。
前述の外崎教授は「解明されていないことが多いのですが、においを感知する嗅細胞の数に大きな差があります。
人間がこの細胞を500万個持つのに対し、犬は2億個も持っています。
画素数の多いデジタルカメラのようなものです。」と言います。
鼻の構造にも秘密があります。
犬の鼻は人間に比べ長くとがっており、内部の腹鼻甲介(ふくびこうかい)や篩骨甲介(しこつこうかい)という構造が複雑に入り組んでいます。
ここを通って嗅細胞に着くまでにすいこんだ空気が温められ、加湿されます。
温かく湿っているほどにおいは強くなるのです。
このためブルドックのような鼻が平らな犬は嗅覚が比較的弱いのです。

4月 5, 2008 3.スクラップ |

2008年3月 5日 (水)

パチンコ不況と貸金法改正〈3月〉

1
 パチンコ業界は30兆円以上の売上高と、30万人近い雇用を生み出し、トヨタ自動車に匹敵し、店舗数ではセブンイレブンを凌ぎ、設備投資額でも東芝やホンダと肩を並べる程の巨大ビジネスとなっています。
この業界が今、不況に陥っています。
パチンコ店の売上高は2007年1月から毎月マイナス幅が拡大し、10月には前年同月比18.1%減と、2001年以来最低の水準となりました。
今年になって倒産は11月までで128件とこの10年間で最悪となりました。
2006年末で1万4674軒のパチンコ店も1万軒を割り込むのは時間の問題とみられます。

射幸性の規制

 不況の原因は、ギャンブル性を抑制する規制が導入されたため、今年から客離れに拍車がかかったからです。
パチンコ機は1980年にフィーバー機とよばれる高リターンの機種が登場して以来、高い射幸性の機種が次々と登場しました。
特にパチスロにはリターンの高さから「爆製機」と呼ばれ、1日座っていれば150万円くらい稼げるようなものも登場しました。
そのため少ない予算で長時間楽しみたい客は激減し、一攫千金を夢見るヘビーユーザーが増えました。
レジャー白書によれば、パチンコ人口は1995年までは3000万人程度を維持していましたが96年以後減りはじめ、2006年には1660万人にまで減少しましたが、一人当り単価の上昇で、売上は30兆を維持していました。
射幸性の高い機種を揃え、単価をあげ利益を高める事業モデルにのめりこんでいったのです。
業を煮やした警視庁は2004年7月に射幸性の高い機種の開発を抑制する規則を導入し2007年9月末までにパチスロ機は全て射幸性の低い機種に置き換えざるを得なくなったのです。
その結果、ヘビーユーザーが店から離れてしまったのです。

貸金法改正

 これに追い討ちをかけたのが2006年12月に成立した貸金業法の改正です。
借手が多重債務に陥るのを防ぐため、年収の3分の1を超す金額を貸し付けることが原則禁止になりました。   
 高額な投資で一攫千金を狙う射幸性の高いパチンコ、パチスロ機の愛好者の中のかなりの人間が、消費者金融から軍資金を調達していました。
複数の消費者金融から借金を重ね任意整理の手続きした人の24%が、多重債務に陥った原因をパチンコのせいと回答しています。
こうして軍資金の面からの締め付けもパチンコにとっては痛手となりました。
貸金業の改正で、中古ブランド品を扱う質屋で、ルイ・ヴィトンやプラダなどの売れ行きがこの2ヶ月パッタリと止まり、美容整形やエステ、英会話などでも客が減っています。
上限金利が20%以下になると4~5兆円の消費減に直結するといいます。

3月 5, 2008 3.スクラップ |

2008年2月 5日 (火)

間違いだらけの世界遺産〈2月〉

0821079
1960年代後半、エジプトのナイル川流域にアスワンダムが建設されたとき、壮大な岩のアブ・シンベル神殿を水没から救うべく、ユネスコは移転事業を行いました。
この運動がきっかけで1972年世界遺産条約が締結され、6年後の1978年に最初の12件が登録されました。
現在では184カ国がこの条約を批准しており、保護か開発かの2つの路線の対立の中で大きな保護の成果をあげてきました。
例えばギザのピラミッド群の目の前の無粋な高速道路を阻止し、クジラの繁殖水域であるメキシコのエル・ビスカイノも巨大な塩田の建設を阻止できました。
特に深刻な破壊の危機にあるものは、「危機にさらされている世界遺産リスト」に入れられ、財政支援が与えられます(現在は30件)。
ガラパゴス諸島も危機遺産に指定され長期的な保護が保証されました。
 しかし世界遺産に登録された場所にはメディアがとびつき、観光客が押し寄せます。
今年7月に登録された石見銀山遺跡では直後の3ヶ月間の観光客が前年の同じ時期の4倍以上になりました。
1983年に登録されたインカの都市マチュピチュ(ペルー)はこの25年で観光客の数が1000倍に増えました。
このように「登録は観光業者にお墨付きを与えるようなものだ」という批判もあります。

今世界遺産は851

 そのため国連や各国の当局者の間でもこの事業のあるべき形が議論されています。
登録件数が多すぎることも問題です。
過去30年にユネスコは851件の世界遺産を登録してきました。
この5年間だけでも新たに120件が登録されました。
ユネスコの世界遺産センターが保護のために充てる予算は年間400万ドルです。
数が増える程、援助金の配分も減り、保存状態を監視する活動も手薄になります。
もっと少人数の案件に保護を集中させるべきだという意見もあります。
また南アフリカの砂漠やイギリスの廃鉱とタージマハルのような誰でもが認める偉大な遺跡を同じ「世界遺産」にすること自体に無理があるという声もあります。
また推薦手続きが煩雑すぎて先進国の申請が優先されがちです。
説得力のある資料を作成するためには、高い費用を払って専門家の助言を受ける必要があり、短くても数年かかります。
そのため世界遺産がフランスやイタリアなどのヨーロッパ諸国に集中し、アフリカには少なくなってしまいます。
さらに人類にとって「普遍的な価値」を誰が判断するかという問題もあります。
アメリカ人には「傑出した価値」があってもアフリカ人にはゴミ同然かもしれません。
究極のジレンマが残ります。

2月 5, 2008 3.スクラップ |

2008年1月 5日 (土)

中国人観光客がやってきた〈1月〉

081075

 最近、海外旅行をしていて目につくのは、中国人の多さです。
どこの国でも中国人を目にします。
中国人が海外旅行に行けるようになったのは10年前からです。
それ以来、中国人の海外渡航者数は爆発的に増加し、03年で2022万人、昨年は3450万人(香港、マカオを含む)に達しました。
この調子だと2020年には一億人に達しドイツ、日本、アメリカに次ぐ世界第4位の海外渡航者送り出し国になります。
 それと共にさまざまな悪評判も世界へ輸出されはじめました。
05年9日香港ディズニーランドがオープンすると列に並ばず、冷房の利いた店内に座り込む中国人客の姿が伝えられました。
彼らは「あちこちにつばを吐き、ホテルをパジャマで歩き回る」トラブルメーカーです。
中国人のガイドですら「喫煙マナーもレディーファーストも知らない。
エレベーターにはわれ先に乗り込み、バイキングでは食べ物を大量に取る。」と言います。
今年4月ヨーロッパのホテル経営者15000人に聞き取り調査を行ったところによると28カ国の観光客をランキング付けした結果、ワースト観光客はフランス人、インド人、中国人の順で、観光が自由化されてわずか3年で堂々の第3位になりました。

世界一の金遣い

 しかし中国人は世界の観光業界にとっては追い払うわけにはいかない「金のガチョウ」です。
中国人旅行者が外国で消費した金額は03年の152億ドルから05年には218億ドルに増加し、フランスでは一日平均197ユーロ(32,000円)をショッピに費やし、アメリカ人の80ユーロ、日本人の132ユーロを凌ぎます。
したがって世界各地の観光業者は中国詣でにいそしみ、フランス人は風水を学び、韓国人は中華街をつくろうとしています。
「中国人は21世紀の日本人観光客だ」と言われているのです。
その努力が実ったときの成果は明らかです。
昨年香港を訪れた中国人は1350万人で全訪問者の半分以上で、2日以上滞在する中国人が使う金額は平均4705香港ドルで、日本や韓国を含む北アジアからの訪問者の平均4316香港ドルを上回ります。
マカオではカジノ産業の昨年の総収益が前年比22%増の66億5000万ドルと記録し、ラスベガスを抜いて世界一のカジノ都市になりました。
 しかし不法滞在を目的に失踪されるかもしれないというリスクがあります。
そのため、観光ビザの取得には預貯金残高や雇用の有無を証明する書類を提出させ保証金を預けることを原則としています。

1月 5, 2008 3.スクラップ |