« 23年度税制改正大綱決定〈2月〉 | トップページ | 孤舟〈2月〉 »

2011年2月 3日 (木)

2月のアラカルト

如 月(きさらぎ)

寒さのために、更に衣(きぬ)を着ること
「着更衣」(きさらき)「衣更着」から転じた

(2月の出来事)

2日(1972・昭和47)「恥ずかしながら…」横井庄一さん帰国
     「恥ずかしながら、生きながらえて帰ってまいりました」…
     グアム島のジャングルに潜んでいた元陸軍軍曹横井庄一
     さんが、午後2時15分羽田着日航機948便で帰国。
     第2次世界大戦終了後、28年間に及んだたった一人の戦争
     が終わった日でした。
3日(1972・昭和47) 第11回冬季オリンピック札幌大会開幕
     この日からアジアで初の冬季五輪が札幌で始まる。
     世界35カ国1655人が参加。
     日本は70m級ジャンプで笠谷幸生が優勝。
8日(1887・明治20)逓信省のマークが逓信の「テイ」に合わせ甲乙
            丙丁の「丁」に決定
     ところが万国共通の郵便料金不足の「T」マークと紛らわ
     しいとわかり、6日後の14日、カタカナの「テ」に改め、それを
     図案化した「〒」印に変更された。
13日(1989・平成元年)リクルート事件で、江副浩正前会長ら逮捕
14日(1893・明治26)アメリカ・ハワイ併合条約調印
19日(1972・昭和47)連合赤軍の浅間山荘事件
21日(1942・昭和17)食糧管理法公布
24日(1958・昭和33)連続テレビドラマ「月光仮面」スタート

( 豆知識 )

(問)ウグイスのふんで洗顔すると良いと聞いていますがなぜですか?
   他の鳥はどうなのでしょう。

(答)ウグイスのふんは肌を白くする効果があるといわれ、平安時代
   から女性の洗顔に使われてきました。
   ウグイスは青菜をたくさん食べた毛虫や小さい虫をえさにしてい
   ます。
   短い腸で消化酵素が分泌され、えさに含まれるたんぱく質、脂肪、
   青葉のエキスはすぐに排出されます。ふんには漂白、脂肪分解
   の酵素が豊富で肌にやさしく働き油分を取る作用があります。
   穀類を食べるハトやスズメのふんにはこうした成分はほとんどあ
   りません。
   またウグイスと同じエサを食べていても大きな鳥はふんも大きく
   臭いうえに、発酵して肌に有害なアンモニアを発生するので使え
   ません。
   (ウグイスのふんが原料の「うぐいすの粉」を販売する美容文化社)

2月 3, 2011 5.今月のアラカルト |