« 衰退に抗うための五訓〈12月〉 | トップページ | 編集後記〈1月〉 »

2010年12月 8日 (水)

隅田川〈12月〉

                   - 隅田川 -
201010_2   
 秋は食欲の秋、芸術の秋です。上村松園、ゴッホ、フランダースの光、隅田川、ハンブルグ浮世絵コレクションと五つの美術展を見て回りましたが、江戸東京博物館で開催されていた「隅田川」が特色ある企画でした。
隅田川は江戸の水運としても大いに活用されていましたが、それ以上に江戸の人々の生活に深く入り込んでおり、舟遊びの場としても有名でした。
また両国橋界隈や浅草などの庶民の盛り場や三囲(みめぐり)神社のような四季折々に表情を変える風光明媚な景観を数多く抱えた江戸の名所の宝庫でもありました。
そのため、江戸時代を通じて、数えきれないほどの絵に描かれてきました。
展示されている絵は広重や北斎のような名のある人だけでなく、作者不詳の作品も多く、それだけ多くの人に描かれていたことを窺がわせます。
版画だけでなく肉筆画も多く、多数の屏風も出品されていました。
屋形船での川遊び、花火見物、花見、人でごった返す両国橋など、どの絵も当時の風俗を想起させ楽しく見ることができました。
屏風に描かれている絵を見ると、当時は高い家などがなかったため隅田川から、富士山や筑波山などもよく見えていたことが分かります。
展示品は160点と数多く一品一品に解説があるため、読みとばすこともできず、2時間以上もかかり、かなり疲れてしまいました。

12月 8, 2010 1.日々是好日 |