« ウナギは陸で創る〈11月〉 | トップページ | 町全体に江戸時代が息づく今井町〈11月〉 »

2010年11月 6日 (土)

甦るハウステンボス〈11月〉

 エイチ・アイ・エス(HIS)の澤田秀雄会長がハウステンボスの社長に就任し、9月下旬で半年になります。
無料ゾーンの新設や料金引下げなどで来場者数は順調に回復し、夏休み期間の入場者数は韓国、台湾の観光客回復もあり、前年同期の38%増の34万5000人を記録し、4~6月の四半期決算で開業以来初の経常黒字を達成しました。

ハウステンボスは長崎県佐世保市にあり、1992年に開業しました。
総面積は46万1千坪と、東京ディズニーランドとディズニーシーを合わせたものと同規模で、連続した敷地面積では日本最大です。
園内はオランダに実在する建物を忠実に再現するというコンセプトのもとに施設や町の紋章までもオランダ政府の協力や助言に基づいています。
最奥部のハウステンボスはオランダ王宮の宮殿を模したもので、王室の許しを得てほぼ完全に王宮を再現してあります。
全長6000m、幅20~30mの運河建設やヘドロの土地の土地改良と40万本の植樹など過剰な施設投資の結果、初期投資2300億円がかかりました。
1996年には総入場者数380万人を記録したが、リピーターを呼べなかったため、2001年には292万人にまで減少し、2003年には会社更生法の適用を受け、破綻しました。
その後、野村プリンシバル・ファイナンスをスポンサーとして再建に努めましたが、2008年のリーマンショックにより来場者が減少し、2010年3月野村プリンシバルも支援から手を引きました。
日本のテーマパークは、ハウステンボスだけでなく他の施設も苦戦しています。
2009年の遊園地、テーマパークの経営企業の売上高は7544億円ですが、東京ディズニーランドが3185億円と突出し、他は4359億円にしかならず、前年比3.5%の減少となっています。

テーマパークの苦戦の原因は次のように考えられます。

1.建物は立派だが、人を引きつける魅力に欠ける―1987年に
  制定されたリゾート法の下で日本中に乱造された多くのテーマ
  パークに当てはまることです。
  日本のテーマパークは設備投資によって集客を増やすハード
  重視で、イベントや接客で魅力的な空間を出すソフトの魅力に
  欠けることが欠点です。
  そのため集客が落ちると新しい施設の建設に走り、それが負
  債を膨らませて、経営を圧迫する死の病となります。
  資金繰りに窮するとコスト削減のため施設を閉鎖します。
  そうすると更に客足が遠のくという悪循環に陥ります。
  ハウステンボスもこの悪循環に陥り、次々に施設を閉鎖し、
  まるで、ゴーストタウンのような一角が出来上がりました。
2.多くが第三セクターとして出発するため、自治体の公共性を重視
  と民間の収益性重視の狭間に置かれることです。
  料金設定も割安になり教育効果までも考えてしまうため、面白味
  のない娯楽性の欠けるものとなり、客を失望させてしまいます。
  県民の税金を300億円も投じながら、2008年12月に閉鎖された
  岡山のチボリ公園がこれにあたります。

HISの澤田氏はこう考えました

 「欧州の美しい街並みを再現しようとしたけれど、それはどこまで頑張っても偽物…だから街としての猥雑な感じがない。ヨーロッパの街は一見きれいだけれど、路地裏に入れば人間くさい活気がある。」

猥雑な街の活気をとりもどすべく、支援開始後は次々と手を打っていきます。
閉鎖された建物を次々と再開させました。
安価なイベントを仕掛けては活気を生みだします。
運河は釣堀として活用しました。
これからは釣った魚をその場で調理できるようにしようと考えています。
博物館はお化け屋敷やホラー館に改装され、屋外にはゲゲゲの鬼太郎の着ぐるみが子供を追いかけ回します。
ダンスショーを午後9時すぎまで開き、午前0時閉店のマジックバーには、人だかりができます。
場内の飲食店や土産物店は10時まで営業します。
五カ国から花火師を集めた世界花火大会も開催しました。
来春にはイングリッシュ村を造ります。
ホテルや飲食、娯楽施設まで、全て英語で対応します。
外国人スタッフを確保するため佐世保の米海軍の協力もとりつけました。
英会話合宿も企画し、アジア全域から生徒募集します。
東洋一のアウトレットモール計画には、中国人専門館をつくり、日本製の化粧品、電気釜、カメラを揃えます。
上海と佐世保を結ぶ航路を新設し、10,000円で運びます。

彼には建物をどう見せるかという発想は少しもありません。
建物をどう生かし、それをどう活用するのかを考えています。
もともとのコンセプトにはこだわらず、それに及したものでもどんどん活用できるものは活用する。
少しでも役にたちそうなものがあれば取敢えずやってみるという気概がみられます。
苦しくなった会社を甦らせる手法も同じではないかと思います。
逡巡することなく、考えられる手は何でもやる、、、。
私たちも澤田社長を見習いたいものです。

11月 6, 2010 2.チャレンジ |