« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月 9日 (金)

三菱一号館美術館での「マネとモダンパリ展」〈7月〉

     三菱一号館美術館・マネ展(東京、有楽町)
201007

 三菱一号館は1894年(明27)国内初のオフィスビルとして建てられ、関東大震災にも耐え、東京大空襲からも奇跡的に逃れました。
1968年(昭43)に取り壊されましたが、当時の図面や資材の一部が建っていたので、昨年、現在地に復
元されました。
150万個のレンガと当時そのままの板張りで、中庭もあり、周囲から隔絶した威風を保っており、一度は
訪れる価値のあるものとなっています。
この開館記念として「マネとモダンパリ展」が開催されています。
マネの作品は国内の美術展で数多く出展されていま
すが、マネの個人展は極めて珍しく、我が家の図録にもないところをみると、この30年ほとんど開催されていないのではないかと思います。
展示会にはマネの作品80点と同時代の作家たちの作品80点が展示されていますが、初めて見るも
のもあります。
「どこにもある題材を光の中で描く」と言うマネの代表作は、それ程出品されていませんが、マネを楽
しむには十分の作品が並んでいます。
マネは「黒」を好み「黒」を生かして使う画家として有名ですが、後にマネの弟
と結婚する画家「ベルト・モリゾ」を描いた4作品のうち「すみれの花束をつけたベルト・モリゾ」は黒尽くめの衣装をまとい、逆光の中で左側からの光を受けて輝くように愛くるしく描かれており、彼女に対する彼の思いが伝わってくるようで、この絵を見るだけでも行く価値は十分にあると言えると思います。
7月25日まで三菱一号館美術館(有楽町国際
フォーラム前)

7月 9, 2010 1.日々是好日 |

2010年7月 8日 (木)

ブスの25箇条〈7月〉

 ある時、宝塚歌劇団の人なら誰でも目にする場所に一枚の紙が貼り出されました。
誰が何のために貼りだしたかわかりませんが、それは「ブスの25箇条」というものでした。

ブスの25箇条
・ 笑顔がない    
・ 他人をうらやむ   
・ お礼をいわない     
・ 責任転嫁がうまい 
・ おいしいといわない 
・ 目が輝いていない     
・ グチをこぼす   
・ 他人にシットする  
・ 他人を信じない
・ 人生においても仕事においても意欲がない 
・ 他人につくさない
・ いつも口が「へ」の字の形をしている   
・ 希望や信念がない
・ 謙虚さがなくゴウマンである       
・ 精気がない 
・ 人のアドバイスや忠告を受け入れない   
・ 自信がない 
・ 自分がブスであることを知らない  
・ 声が小さくイジケている
・ いつも周囲が悪いと思っている   
・ 問題意識を持っていない
・ なんでもないことにキズつく     
・ 存在自体が周囲を暗くする
・ 自分が最も正しいと信じ込んでいる 
・ 悲観的にものごとを考える
   
ブスになるというこの25箇条の戒めは、こうすればぶ男になるという「ぶ男の25箇条」と読みかえても通用します。

「儲からない会社の25箇条」としてみるともっと面白いと思います。

 まず「社長編」です。全ての項目の前に「社長が」とか「社長に」という言葉を置いてください。

社長に「笑顔がなく」「いつも口を「へ」の字に結んでいる。」
 きっと不満が腹にたまっているのでしょう。
 社員に文句を言いたいけれど、じっと我慢をしているのかもしれま
 せん。

社長は「自分が最も正しいと信じこんでいる」ので、「人の
 アドバイスや忠告を受け入れない。」

 自分ではこれでいいと思っていても、何か忠告を受けたら、もし
 かしたら、そういうこともあるかもしれないと思って省みることも
 大切だと思うのですが「他人を信じない」ので変わることができ
 ません。
 そんな社長は「謙虚さがなくゴウマンである」からかもしれません。

社長がこうしたいという「希望や信念がなく」、その「結果
 問題意識をもっていない」
のも困ったものです。
 こうしたいという希望、こうなりたいという希望をもっていれば、
 そうなるためにはどうしたらいいかという問題意識も生まれる
 筈です。
 会社が追い詰められてからではそれに対処するだけで精一
 杯で、前向きな対策はなかなかとれないものです。
 会社がそれなりにやっているときに危機感を持つことが必要
 です。
 韓国のサムスンの会長が現場復帰をしましたが、その第一声
 は 「いまサムスンが売っている商品は十年後には全てなくなっ
 ているかもしれない」と危機感を煽るものでした。
 それから数ヶ月で、サムソン内部は急速に締まってきて未来
 対策を打ち出しているといいます。

・ 社長がいつも「悲観的にものごとを考え」、「グチをこぼして」
 いては、社員は暗くなるばかりです。
 戦線において、危機の状況に陥ると兵士は指揮官を見ると
 いいます。
 指揮官が落ちついていれば兵士は安心して戦いますが、指揮
 官が不安を見せると兵士は戦闘力を失ってしまうそうです。
 社長は空元気(カラゲンキ)でもいいから、社員の前でグチを
 こぼしたり、不安をみせたりは決してしないでほしいものです。

次に「儲からない会社の25箇条」社員編です。

 全ての項目の前に「社員が」「社員は」「社員に」のうち適当な言葉をおいてください。

社員が「精気がなく」「目が輝いていない」で「声がイジケ
 ている」
のは、いつも社長に怒られていて気力を失っているの
 でしょうか。
 もしかしたら「人生においても仕事においても意欲がない」の
 かもしれません。
 そんな社員ばかりいたのでは、会社の業績は上がるわけが
 ありません。
 仕事を与えてバリバリ追い立てるか、それでも変わらなけれ
 ば入れ替えるしかありません。
 幸い最近は中小企業でも人を募集すれば、そこそこの人材
 が来るようになっています。
 特に女子は良い人材が多いようです。
 思いきって男女を入れ替えるのも手でしょう。

社員がいつも「他人をうらやみ」「他人にシット」し、「他人
 につくさない」で「いつも周囲が悪いと思っている」
のでは、
 チームワークをとって仕事をすることなどできるわけはありま
 せん。
 こうした会社では先ず、社員のベクトルを会社のベクトルに合
 わせることが必要です。
 会社の現状を理解させ、会社の方向性を示し、各人がやるべ
 きことを明確にする必要があります。
 個々の社員と話し、彼らの悩み、考えを十分に聞くことも必要
 でしょう。
 そのうえで、できなかったら辞めてもらうことも必要かもしれま
 せん。

 こんな風に「ブスの25箇条」は、まだまだ他のことにも使えそうです。
大事なことは、このような徴候が自分の中や会社の中に存在していないか常にチェックし、こうした徴候が出てきたときには、即座に、その原因を突き止め、対策を講ずることが必要だと思います。

7月 8, 2010 2.チャレンジ |

2010年7月 7日 (水)

日本政府の破綻の元凶は郵貯と円高〈7月〉

107092
 民主党が「全国一律サービス」を旗印に、日本郵政への政府出資を3分の1超とし、郵便貯金の預入限度額を1000万から2000万に引き上げる郵便法案を提出しました。
この意図は何なのでしょうか。
 日本の国の借金総額は来年3月末には973兆円になるといわれています。
10兆円ずつ返しても100年弱かかります。
ところが2010年の税収は37兆円しかないのに、92兆円も歳出として使おうというのです。
 税収との差は国債を発行すればいいと考えています。
市場原理(市場の自動調節機能)が働いている国で上記のような過剰な「バラマキ」を行えば国債の発行金利は上昇します。
長期金利の上昇は景気悪化を招くため、景気悪化を恐れる政治家は過剰なバラマキを躊躇します。
国債マーケットが「長期金利の上昇」という警戒警報を発することにより「バラマキ」や「身の丈以上の高福祉」が防止されるのです。
しかし日本には郵便貯金があるため、この市場原理が働かないのです。

郵貯の8割は国債投資

 郵貯銀行は集めた資金のうち8割を超低金利の日本の国債に投資しています。
郵貯や簡保が収益性の高い海外投資に目を向けないため、ドル需要が起こらず、円高の状態が続いています。
バブル末期、日経平均が最高値をつけた89年末の円相場は1ドル143円40銭。
その頃よりも今は、はるかに日本経済は弱くなっているのに、円は90円台と逆に60%も高くなっているのです。
その結果、輸出が振るわず日本の景気は低迷したままです。
日本は景気が悪かったのだから「円安」という値下げをしなければならないのに、「円高」という値上げをしたため景気が回復しないのは当たり前なのです。
1400兆の個人金融資産が海外に向えば、経済実態に合った「円安」が進行し、景気は良くなっていた筈です。
 小泉郵政改革は「郵貯で集めたカネが国債購入で最も非効率に使われていること」を是正するためだったのに、民主党政権はこれを元に戻そうとしています。
郵貯の限度額を引き上げて、国債購入のための資金を確保しようと意図していると考えられます。
 10年国債の発行は毎月、月初めに行われていますが、入札で国債完売ができないとなると、債券価格は大暴落(長期金利は急騰)します。
債券先物市場は連日ストップ安で、数日間、市場は閉鎖状態になります。
国債の保有者は何とか損を最小限に抑えようと現物債市場での売りに走ります。
財政破綻に陥った国の資産など持っていられないということで、株や円も急落します。
国債を大量に持っている郵貯銀行を筆頭に棄損する国債を大量に保有する金融機関には預金引出しの行列ができます。
取り付け騒ぎになれば、日銀は銀行保有の国債を買取り、無尽蔵の資金供給し、貨幣が街に満ち溢れ、貨幣の価値が急落し、ハイパーインフレが起こります。
こうしたことが起こらないように国債購入資金を大量に保有しようというのが、今回の限度額引き上げの意図だと考えられます。

7月 7, 2010 3.スクラップ |

2010年7月 6日 (火)

欲しがらない若者たち〈7月〉

欲しがらない若者たち

山岡 拓 日経プレミアシリーズ


 韓国と中国の留学生で溢れるハーバード大学に日本人留学生はたった1人という記事を読んだことがありますが、海外旅行に行く若者も減っているようです。
 こうした若者を本書では「欲しがらない若者たち」と定義しています。
「車に乗らない。ブランド服も欲しくない。スポーツしない。酒は飲まない。旅行しない。恋愛には淡白。貯金だけが増えていく」
今の若者の消費行動への見方を集約するとこうなります。
こうした傾向は、2008年9月のリーマンショック以前からみられた傾向で、その後の景気変調、雇用と所得の急激な悪化で始まったわけではありません。
 「車はいらない」という若者たちにその理由を聞くと、多くの場合「なぜ必要なのか」と問いかえされます。
「どこかに行きたければ電車でもいいではないか」と言います。
彼らはレジャーとしてのドライブに魅力を感じません。
高性能のスポーツカー、金銭的余裕を誇示できる高級車、アウトドアに使えるSUVやオフロード四駆。
あれこれイメージを示しても反応は乏しい。
要するに欲しくないのです。
同様に高級ブランド品やスポーツ用品、いかにも先端的なハイテク商品にもさほど関心を示しません。
他者との違いを示す差異表示のための消費をしなくなったのです。

 「酒を飲まない。旅行や遠出のレジャーを好まない。」という傾向も鮮明です。
精神的にも物質的にも旅をしないのです。
生活には「日々淡々と働き、必要に応じて食事をとり、寝る」という日常と「時にはパッと日頃の憂さを晴らす」という非日常のハレの部分がありますが、そのハレと消費が結びつかなくなっています。
消費支出だけを追う限り、彼らのハレは見えません。
ただ淡々と暮らす「淡々民」に見えます。
 「恋愛に淡白」という傾向は更に顕著です。
デートにあまり労力も金も使いたくない。
遠出は面倒なので自宅で、異性よりもむしろ同性の友人といる方が気楽。
異性獲得のためにガンバッテ働き、せっせと使うというマインドも特に男性で希薄化しています。
今の若者が目指すのは、実にまったりとした穏やかな暮らしです。
自宅とその周辺で暮らすのが好きで、和風の文化が好き、科学技術の進歩よりも経済成長を支える勤勉よりも伝統文化の価値を重視する。
食べ物は魚が好き。
エネルギー消費は少ない。
大切なのは家族と友人そして彼らと過ごす時間。
親しい人との会話やささやかな贈り物の交換。
好みが一致したときなどの気持ちの共振に大きな満足を感じています。
 しかしそうした満足は消費支出と結びついていないことです。
その結果、貯金だけが貯まっていくことになります。

7月 6, 2010 4.今月の本 |

2010年7月 5日 (月)

7月のアラカルト

 文月(ふみつき)

 中国では古くから7月7日に書物の虫干しをする行事があり
 わが国に入ってきて「文開く月」となり、それが「ふみつき」
 になる。

(7月の出来事)

7日(1950・昭和25)アメリカで初のカラーテレビ放映
8日(1588・大正16)秀吉の刀狩
14日(1865・慶応元)マッターホルンに初登攀
     この日、イギリス人ウインパーは、それまで難攻不落と
     いわれた、マッターホルンを征服しました。
     この記録が山岳文学の名作「アルプス登攀記」です。
     絵も挿絵画家であった彼の手によるもので、これ以降、
     近代アルピニズムへの道が開かれました。
16日(1972・昭和47)高見山大五郎、名古屋場所で外国人として
            初優勝
20日(1969・昭和44)アポロ11号、月面に軟着陸
     1961年にスタートしたアポロ計画は、この日(アメリカ
     時間)、人類初の月面に降り立つ快挙を実現。
     アポロ11号に乗りこんだ3人の飛行士は、アメリカ最大の
     英雄として、歴史に名をとどめました。
     アームストロング船長は月に初めて一歩を踏み出したとき
     に「この一歩は小さいが、人類にとっては偉大な躍進で
     ある」とメッセージを送りました。
21日(1856・安政3)初代駐日総領事ハリス来たる
     この日、アメリカ初代総領事タウンゼント・ハリスが下田港
     に到着。
     ハリスの日記には「日本の風采と儀容にたいへん感服した。
     喜望峰より東の国の中で、日本人は最も優秀な国民である
     ことを信じて疑わない」など、当時の日本の印象が語られて
     います。 

( 豆知識 )

(問)手の爪に比べ、足の爪の伸び方は遅いように思います。
   手と足では伸びる速さが違うのでしょうか?

(答)つめは毎日平均して0.08~0.12ミリ伸びます。
   しかしいつも同じ伸び方ではなく、季節、年令、皮膚の温度
   など、さまざまな状況で変わります。
   昼間は夜の5倍伸びると言い、季節では夏、春、秋、冬の順に
   遅くなります。
   また男性は女性より速いのですが、70才以上では逆に女性が
   速くなります。
   足は手より30%~50%遅いので伸び方の違いが目立ちます。
                   (大阪市立総合医療センター)

7月 5, 2010 5.今月のアラカルト |

2010年7月 4日 (日)

小規模企業共済、中小企業退職金共済の改正〈7月〉

   小規模企業共済、中小企業退職金共済の改正

〔小規模企業共済制度〕…個人事業主の配偶者、
                子供も加入対象に


(概要)小規模企業共済制度は個人事業主や小規模企業の役員の
         廃業、退職後の生活の確保のための制度で、「小規模企業
    共済法」に定められています。
    掛金は1人当り月額1,000円から70,000円までの間で自由に設定
    できます。
    掛金は「小規模企業共済掛金」として、加入者が支払い、加入
    者の所得から控除(経費として損金に算入されるのと同様の
    扱い)されます。
    廃業、退職後に受取る共済金は、一括受取りであれば「退職
    所得」となり、分割受取りであれば「公的年金等の雑所得」に
    なります。

(改正点)加入対象者の範囲が拡大
    現在は、個人事業者は事業主しか加入できませんが、個人
    事業主の配偶者、子供なども事業に従事していれば、個人
    事業主の「共同経営者」として扱うことで、配偶者や子も加入
    できるようになります。
    (法人の場合は配偶者、子も役員であれば加入できます)

〔中小企業退職金共済制度〕…個人事業主との使用関係があれ
                  ば
配偶者や子供も加入対象に

(概要)中小企業には退職金制度がないことが多く、従業員が退職
    した後、生活資金で困ることが多いので、「従業員のための
    退職制度」として定められています。
    掛金は使用者側(会社または個人事業主)が負担し、使用者
    の損金となり、従業員は負担することはありません。
    従業員が退職した場合は従業員の個人口座に振込まれます。
    加入者が受取る退職金は、一括受取なら「退職所得」、分割
    受取なら公的年金等の雑所得になります。

(改正点)現在は中小企業の従業員が同居親族のみの場合には、
    配偶者や子などは加入できません。
    制度改正後は事業主の事業に従事していれば加入できるよう
    になります。
    支出する掛金は個人事業主であれば必要経費に、法人負担
    であれば損金に算入されます。

(問)小規模共済、中退共のいずれにも加入できますか?

(答) 今のところははっきりしていませんが、どちらか一方にしか加入
   できない様になりそうです。
   また施行時期もまだ決まっていません。

7月 4, 2010 6.税務 |

2010年7月 3日 (土)

編集後記〈7月〉

● スクラップの記事は、元JPモルガンの東京支店長で、JPに藤巻ありといわれた藤巻健史氏によるものです。
この記事を書いたため、銀行からの講演依頼がほとんど来なくなってしまったそうです。
銀行はそういうことを言われると困るということでしょうし、氏の説が正しいことを裏付けていることにもなります。
ニューズウィーク6月2日号では、「日本は次のギリシャになるか」という表題で日本の国債危機を取り扱っています。
そこでは日本が財政危機に陥るのは「もし」ではなく「いつ」の問題だという見方がエコノミストや投資家の間で増えていると述べられています。

● スイスのビジネススクールのIMD(経営開発国際研究所)が発表した「2010年世界競争力年鑑」で日本の総合順位は58カ国中27位となり、前年の17位から急低下しました。
中国、韓国、台湾などにも抜かれてしまいました。
1989年から93年までは首位を保っていたのですから、没落の度は激しいものがあります。
首位はシンガポールで、香港、米国、スイスの順になっています。
日本は成長率の低下で「経済状況」が大幅に悪化、少子高齢化に伴う労働力人口の減少で「社会基盤」の評価も下がり、「政府の効率化」では財政赤字の膨張が足を引っ張り、法人税の高さでは58カ国中最低の評価になっており「このままでは国際企業は活動場所として日本を選ばなくなる」と警告しています。
何ともやるせない気持ちになります。

7月 3, 2010 8.事務所だより |

2010年7月 2日 (金)

大道展のご案内〈7月〉

大道展:7月1日(木)~6日(火)上野の森美術館10時から17時

     どうぞご高覧くださいませ       (最終日は14時)

107091
1  

 新聞掲載  ●読売新聞   6月29日夕        

         ●朝日新聞   6月30日朝

7月 2, 2010 8.事務所だより |

2010年7月 1日 (木)

皆様からのご意見〈7月〉

         有難うございました!!

    ニューズレターについてご意見をいただきました

*****************************
107087
●「捨てる」ができないとのことですが、老舗企業は皆「捨てる」が出来ないで苦労しています。
日立などその典型ではないでしょうか。
「一利を加うるには一害を除くに如かず」という言葉があります。
利益になりそうな新しい一つを加えるよりも、役にたたない利益のない一つを除くことの方がはるかにプラスになるということです。
心したいものです。                  真崎一多

7月 1, 2010 9.皆様からのご意見 |