« 安売り競争の行方〈5月〉 | トップページ | 皆様からのご意見〈6月〉 »

2010年5月 8日 (土)

犬山城〈5月〉

      犬山城(別名・白帝城)愛知県犬山市
別名・白帝城は、木曽川沿いの丘上にある城の佇まいを、中国の長江流域の丘上にある白帝城を詠った李白の詩「早發白帝城」(早に白帝城を発す)にちなんで荻生徂徠が命名。
201005
 日本には多くの城がありますが、戦後復元されたものがほとんどで江戸時代のものが残っているのはごくわずかです。
その中でも国宝に指定されているのは、彦根城、姫路城、松本城、犬山城の四つしかありません。
彦根城と姫路城は以前に行ったことがあり、今回は犬山城に行ってきました。
犬山城は名古屋から名鉄で30分の犬山の駅近くにあります。
城の前には本町通りという城下町通りがあり、昔風の建物があちこちに残り、新しく建てられた建物も昔風に建てられ、古い街並を演出しています。
犬山城は彦根城よりも小さな城ですが、正面からみるとやはりそれなりに威風堂々としています。
正面から靴を脱いで入ると直ぐに狭い階段があります。
手すりはありますが、落ちないように気を付けて登らなければならないような急な階段で、食事を運ぶ人や奥女中などは、さぞ苦労しただろうと当時のことが思い遣られます。
内部は簡素で殿様の居た間などもそれ程広くもなく質素なものでした。
寒々として冬などはどうして暖をとっていたのでしょうか。
最上階まで上がって周囲を見ると城は木曽川を背にした山の上に建っており、防禦(ぼうぎょ)に勝れた城だということがわかります。
城内は明かりもなく、外からの光だけのため薄暗く、展示物の説明文を読むにも一苦労する程でした。
犬山城の東にある庭園・有楽苑(うらくえん)、国宝茶室如庵、重要文化財旧正伝院書院にも行ってみたいと思います。

5月 8, 2010 1.日々是好日 |