« 100年に一度の大努力〈5月〉 | トップページ | 皆様からのご意見〈6月〉 »

2009年5月 9日 (土)

埼玉県幸手市・権現堂の桜〈5月〉

               - 権現堂(ごんげんどう)の桜 -
2
 東武鉄道の東武動物公園の2つ先にある幸手の権現堂の桜を見てきました。
権現堂桜堤は、利根川の支流の権現堂川の堤防として江戸時代に造られました。
桜が初めて植えられたのは大正時代でしたが、戦時中伐採されたため、1949年(昭和24)から新たに植えられたソメイヨシノが現在の桜の中心になっています。
桜は堤の土手の両サイドと土手下に三本並んで1kmにわたって植えられているので、土手全体を桜の花が覆うように咲いています。
 ここの特徴は土手の片側に菜の花の畑が広がっていることです。
菜の花の畑から土手を見ると菜の花畑に桜がおおいかぶさるように見え、土手の桜並木から見下ろすと、桜の枝の間に黄色い菜の花が咲き乱れているのが見えます。
桜の薄ピンクと菜の花の黄色のコントラストが何とも素晴らしい景観をつくり出しています。
 2年前に一度来たことがありますが、その日はあいにくの雨で寒く、タクシーで回りましたが楽しむことはできませんでした。
今回は快晴で暖かく桜も丁度満開で、桜を満喫できました。
帰りはタクシーが拾えず駅まで30分歩きました。

5月 9, 2009 1.日々是好日 |