« 「覚悟」の年〈1月〉 | トップページ | 皆様からのご意見〈2月〉 »

2009年1月 8日 (木)

GOLD展〈1月〉

               - ゴールド展 -
2009011
                                    ティファニー     エミー賞 

 六本木ヒルズは住民であったホリエモンのライブドアや折口氏のグッドウィルなど世間を騒がせてきた事件の影響か最近はすっかり昔の輝きを失ってしまいました。
輝く昔を取り戻す積もりかGOLD展を開催しました。
 金はインカで「太陽の汗」アステカでは「神の排泄物」と呼ばれ、元素記号で金をあらわすAnはラテン語のaurumの略語であり「輝く夜明け」という意味です。
 世界各地から集められた紀元前から現在に至るまでの金の装飾品や金貨なども展示されています。
装飾品ではティファニーやカルティエなどの作品が勝れていますが、バングラディシュの金の首飾りは豪華なものでした。
最大のみものは30kgの世界最大の金の延べ棒です。
1857年の刻印があり、当時の金で17,433.57$の表示があります。
1g3000円と仮定して現在の価値にすれば約9000万円です。
150年で50倍程値上がりしたことになります。
不景気の風が強い新年にあって、「GOLD」の光にあたって「輝く夜明け」を呼び込むのも一興ではないでしょうか。
        1月25日まで(六本木ヒルズ)森アーツギャラリー
2009012

1月 8, 2009 1.日々是好日 |