« 世界をアット言わせたい〈3月〉 | トップページ | 交換差益等 »

2008年3月 7日 (金)

アース〈3月〉

200831
 北極に始まり、順次南下しながら、それぞれの地域で生きる動物達の必死に生きる様を描いたのが、この記録映画です。
驚くべきカメラワークです。
こんな映像をどうやって撮ったのだろうと驚嘆するような場面の連続です。
 象は乾季になると水を求めて何百キロメートルも移動します。
砂嵐に会い仲間から外れそうになる親子象。
途中の水場でライオンの群れに遭遇します。
子象を守るために円陣を作りこれを防ごうとする親象の足の間から懸命に子象を狙う飢えたライオンのうなり声とせわしい息づかい。
子象をあきらめたライオンが若い象に狙いを定めて30頭が一斉に飛びつき猟をする様。水場について歓喜しながら水中を泳ぎまわる象の正面を水中から撮った場面。
ホウジロザメに追いかけられるオットセイが、追い詰められ、空中に飛び上がった瞬間、それを狙ってサメが海面高く飛び上がり、空中で一飲みする瞬間を捉えた映像。
まだまだ数えあげればいくつもあります。
どのシーンも自然と動物との共生と戦いの様を追いかけたものです。
カメラマンもカメラの位置も見えません。
どの場面もまるで目の前で展開するように迫力があります。
見ているうちに、この貴重な地球の環境は何としても守らなければという気持ちになってしまいます。
機会があれば是非ご覧になったら良い映画です。
200832

3月 7, 2008 1.日々是好日 |